Campus Review XII

ストックホルム大学(スウェーデン、ストックホルム)
Stockholm University

訪問日:2017年6月15日〜6月17日
訪問先:ロースクール
目的:12th Ascola Conferenceに参加
最寄駅:Universitetet(ストックホルム地下鉄)
地図:Map
大学ウェブサイト:http://www.su.se/english/

 Ascola(Academic Society for Competition Law)の第12回年次研究大会に参加するため、スウェーデンのストックホルム大学を訪問しました。Ascolaのカンファレンスには一昨年の東京、昨年のライデン(オランダ)、そして今年のストックホルムと3年連続の参加となりました。今回は、九州大学の研究者と共同で報告しました。
 ストックホルム中央駅から地下鉄で10分ほど北上すると、その名も Universitetet という駅に到着します。深い地下から地上に出ると、一面に緑の芝が広がっています。「キャンパスに緑が多い」と言うよりも、「自然の中にキャンパスがある」という感覚です。National City Parkの北側にキャンパスが位置するため、キャンパス内に多種類の植物、昆虫、そして鳥が生息しているようです。

Nature in and around the campus

 毎年、ノーベル賞の受賞者の講演が行われることで有名な Aula Magna も周囲の自然と見事に溶け込んでいます。3日間、天気にも恵まれ、初夏の美しい自然を楽しませてもらいました。カンファレンスの合間に出来るだけ歩いたのですが、おそらく一部しか目にしていないと思います。