Campus Review 8

香港理工大学(中国、香港)
Hong Kong Polytechnic University

訪問日:2013年12月9-10日
訪問先:Li Ka Shing Tower
目的:アジア競争法カンファレンス参加
最寄駅:Hung Hom(MTR)
地図:Campus Map
大学ウェブサイト:http://www.polyu.edu.hk/

 Asian Competition Forumの年次カンファレンスに参加するため、はじめて香港を訪問しました。香港がはじめてというより、中国訪問自体が初めての経験でした。会場となったのは高い建物が立ち並ぶ香港理工大学のキャンパスでもひときわ目立つLi Ka Shing Towerと呼ばれる高層ビルの16階で、窓からは香港島の摩天楼を一望することができます。
 九龍半島の中心地、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)から歩いて数分ほどの距離にある都市型キャンパスは、街中の喧騒からは一線を画した落ち着いた空間を作り出しています。その一方で、多くの学生が行き交う活気に満ちたこのキャンパスは、中国の勢いを象徴しているようにも感じました。

人々のエネルギーに溢れるキャンパスでした。

 カンファレンスの昼食会の時、ご一緒させていただいた香港理工大学の教授に、キャッパス内に建設中の風変わりな外観の建物について尋ねました。明らかに他の建物とデザイン、色調が異なるため、最初は大学の建物ではないのではないかと考えていたのですが、デザイン関係の学科の建物になるとの説明を受けました。「それで写真のような奇抜なデザインなのですね」と返答すると、そのご年配の教授は微笑んでおられました。