Campus Review 6

オタゴ大学 ダニーデンキャンパス(ニュージーランド、ダニーデン)
University of Otago, Dunedin Campus

訪問日:2013年6月24日
訪問先::Language Centre and Foundation Year
目的:国際交流訪問
最寄駅:Dunedin Railway Station
地図:Campus Map
大学ウェブサイト:http://www.otago.ac.nz/

 ニュージーランド最大の都市オークランドから約2時間のフライトで「南のエディンバラ」と呼ばれるダニーデンに到着します。オタゴ大学は1869年に設立されたNZ最古の大学で、NZを代表する大学の一つです。この南島の学園都市ダニーデンのキャンパスには中世のスコットランドの影響を色濃く反映した建物が目立ちます。中でも最も有名なのが時計塔(Clocktower)です。
 その一方で、訪問したランゲージセンター周辺は洗練された現代風の建築が立ち並んでいました。カフェテリア、ジム、図書館いずれも機能性を重視した快適な空間を作り出しています。ある教室の窓からキャンパス内のラグビー・フィールドを見渡せるのは驚きましたが、ラグビー好きのNZならではの趣向かもしれません。

歴史的建造物と現代の建物が融合したキャンパスでした。

 ランゲージセンターの責任者をはじめオタゴ大学の国際交流関係のスタッフ合計11名と会談し、教育プログラム、インターンシップ、学部授業の聴講、キャンパス内のセキュリティ、レクリエーション等々、幅広く話を聞くことができました。また、学生がホームステイをする場合の候補になるホストファミリーの紹介を受け、実際に家の中を見せていただきました。充実したスタッフ数とその提供する仕事の質の高さは、本学学生の留学生活を満足なものとすること間違いない言えるでしょう。