Campus Review 3

ロヨラ大学シカゴ校 レイク・ショア キャンパス(米国イリノイ州シカゴ)
Loyola University Chicago, Lake Shore Campus

訪問日:2012年8月28日
訪問先:国際プログラム・オフィス
目的:国際交流視察
最寄駅:Loyola, Granville(CTA)
地図:Lake Shore Campus
大学ウェブサイト:http://www.luc.edu/index.shtml

 最寄駅のひとつGranvilleから閑静な住宅街を北に歩いていくと、赤レンガ造りの綺麗な建物、緩やかにカーブする歩道、そして美しい芝からなるキャンパスが出迎えてくれます。ダウンタウンにあるウォーター・タワー・キャンパス(Water Tower Campus)
は社会科学系の大学院を中心とした構成ですが、このミシガン湖に面したキャンパスは学部中心の構成で、キャンパスの周辺には数多くの学生寮やクラブ関連施設が存在しています。多くの学生が学生寮あるいは周辺のアパートメントに住んでいると大学関係者から聞きました。その証拠に周囲には学生向けの店が並んでいます。
 レイク・ショア(Lake Shore)という表現がピッタリなほど、キャンパスの東側はミシガン湖に接しています。これほど近接しているとは想像していませんでした。冬の烈風が夏にはそよ風に変わるのでしょう。多くの学生がミシガン湖に向かって並べられたベンチに座り、本を読んでいました。在学生によるオフレコ本として有名なCollege Prowlerの2012年版によると、ロヨラ大学シカゴ校のThe BEST Thingsの最初にリストアップされているのは、Lake Michiganでした。よくわかるような気がします。

アット・ホームな雰囲気が漂うキャンパスでした。

 キャンパス内の建物は、一部の例外を除き高層のビルディングはなく、Hallという名称のついたハウス型の建物が目立ちます。大学関係者ともBurrowes Hallというゲストハウス的な建物で話をしました。建物の内部には、大学のキャンパス内にいるとは思えないような落ち着いた空間が広がっていました。このゲストへの心遣いを感じさせる素晴らしい空間が初対面の緊張感を和らげてくれたことは言うまでもありません。