小松 弘明

プロフィール

経済学部 経済学科

小松 弘明 (コマツ ヒロアキ)

「座右の銘」などというと、そのあとの文章が説教じみてくるのでいただけない。
かわりに、好きな俳句を一句。

   ほととぎす 平安城を 筋違に
                  与謝蕪村

 平安京(京都)の町は、東西南北に碁盤の目のように道路が走っている。いわば縦と横で仕切られた世界。しかし、ホトトギスは、人間がつくったそんな仕切りをまったく気にしない。斜めに自由に飛んでゆく。
 将棋にたとえれば、「角」だ。将棋盤も縦・横で仕切られた世界。その世界で、角は斜めに深く切り込み、相手の陣を崩す。あるいは、遠くからニラミをきかせる。将棋上手は、角の使い方がうまい。
 蕪村のように、縦・横の世界を斜めに突っ切る発想、言いかえれば、大胆かつ柔軟な発想を鍛えようではないか。

職名 教授
出身地 山形県
出身校 同志社大学大学院経済学研究科博士前期課程
担当科目 産業組織論、経済数学
担当クラブ フォークソング部顧問
研究テーマ
  • 応用ミクロ経済学
主要業績
  • 「製品差別化と独占」『経済学論叢』第40巻第3号,同志社大学,1989年2月
  • 「クラウァーの逆説:現金制約モデルにおける貨幣と利子」『経済学論叢』第46巻第2号,同志社大学,1995年3月
                        

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

researchmap