2016.7.19

ニュージーランド便り 第7回 ラグビー王国ニュージーランド~スーパーラグビーを観戦して~

ニュージーランド便り 第7回 ラグビー王国ニュージーランド〜スーパーラグビーを観戦して〜

 7月も後半に入り、夏のオリンピックが近づいてきました。スポーツの世界では、昨年イングランドで開催された第8回ラグビーワールドカップで、日本代表が強豪南アフリカを破り大健闘したのはまだ記憶に新しいところです。そのワールドカップで史上初の2連覇を達成したのがニュージーランド代表「オールブラックス」です。みなさんもご存じのとおり、ニュージーランドではラグビーが大変盛んで、絶大な人気を誇っています。そのニュージーランドでもクライストチャーチを含むカンタベリー地方はとりわけラグビー熱が高く、これまで多数の優れた選手を輩出しています。
 クラブチームでは、世界最高峰といわれるスーパーラグビーに今年から日本のサンウルブズも加わり18チームで試合がおこなわれています。そのうちニュージーランドからは5チームが参加しており、それぞれ人口10万人以上の国内主要都市に本拠地を置いています。ここクライストチャーチは、(スーパー12、スーパー14時代を含め)最多の優勝7回を誇る名門クルセイダーズの本拠地です。昨年まで「オールブラックス」の主要メンバーとして活躍したリッチー・マコウやダン・カーターが所属していたチームとしても知られています。というわけで先週末はクライストチャーチでおこなわれたクルセイダーズ対ハリケーンズ(ウェリントン)のレギュラーシーズン最終戦を家族で観戦しました。
  • AMIスタジアム 

  • 試合前の練習風景

 前週の第16節終了時点で、ニュージーランドカンファレンスの順位は、1位がチーフス(ハミルトン)、2位クルセイダーズ、3位ハイランダーズ(ダニーデン)、4位ハリケーンズ、5位ブルーズ(オークランド)の順で、1位から4位までが勝ち点差3の中でひしめきあっていました。この上位4チームは、8チームのトーナメント形式でおこなわれるプレーオフへの進出をすでにこの段階で決めています。最終第17節の結果次第で、1位から4位までのどのチームにもカンファレンス1位の可能性が残されていたので、力の入った熱戦を期待してスタジアムに多くのファンが詰めかけました。
 会場のAMIスタジアムは、ラグビー場として造られているのでスタンドとフィールドが近く、とても観戦しやすくなっています。試合前には、馬に乗った騎士の集団がフィールドを駆け回り盛り上げます。試合はハリケーンズが攻守に冴えを見せ、クルセイダーズのミスを鋭く突いて35-10の大差で地元チームを破るという予想外の結果になりました。この結果、前週まで4位だったハリケーンズがボーナスポイントを加え、2年連続の首位を決めました。そして今週末の準々決勝でニュージーランドの4チームがそれぞれ外国(南アフリカとオーストラリア)のチームとあたることになり、準決勝がニュージーランド勢だけで争われる可能性も出てきました。私としては2008年以降優勝から遠ざかっている地元のクルセイダーズに期待していますが、昨年ハイランダーズが優勝したために国内5チームのうち唯一優勝経験のないチームとなったハリケーンズにも頑張ってほしいところです。
  • 騎士の登場

  • ゴールライン前の激しい攻防