2015.12.10

2015年度寿山ゼミ就職支援第4弾!キャリアコンサルタント武田祥子氏の特別講演

2015年度寿山ゼミ就職支援第4弾!キャリアコンサルタント武田祥子氏の特別講演

 2015年12月7日(月)、3回生寿山ゼミにLLC.キャリアジェンヌ代表の武田祥子氏にお越しいただき、就職活動への心構えからその実践的対策、さらには女性の生き方までお話いただくとともに、今ゼミ生たちが抱えているありとあらゆる不安や疑問等にもお応えいただきました。大変刺激的で興味深いお話の数々は通常授業時間を遥かに超過して、気が付けば約2時間半近くにも及びましたが、あっという間に時間が過ぎて行ったように感じました。ゼミ生も13名全員が質問を行い、武田祥子氏の見事に的を射た回答に大満足の様子でした。
 今回、私のキャリアコンサルタント仲間である武田祥子氏をお招きしましたのは、いくつか理由がありました。1つめは、かつて阪南大学で情報科目を指導された経験をお持ちなので阪南大生のレベルを熟知していること。現在は関学や同志社でキャリア科目の授業を担当されており、就活等でライバルとなる学生たちの現状(能力レベルや準備状況等)を伝えてもらい、ゼミ生たちが自らの現状と比較確認してもらいたかったこと。2つめは、今年の寿山ゼミ3回生は13名全員が女子なので、行政からワークライフバランスを考えた女性進出事業にも関わっておられ、その造詣が深いこと。目の前の就活のことだけでなく、今後の女性の生き方そのものについてもヒントや気づきを与えてくれると考えたからでした。
 キャリアコンサルタントの武田祥子氏による特別講演が狙い通りに大成功に終わったことを大変嬉しく思うとともに、ゼミ生たちの感想、コメントから彼女たちが本当に多岐にわたるお話から多くのことを学び取る力を身につけ、この1年大きく成長してきたことを垣間見ることができ、とても充実した満足度の高い時間を過ごすことができたように思います。普段、私がゼミ生たちに伝えている「準備」の大切さや礼儀・マナー・態度などは一朝一夕では身につかないこと、そしてそのアウトプットの重要性なども伝えていただき大変有難く思いました。この場を借りて改めて武田祥子氏に御礼を申し上げたいと思います。では、ゼミ生たちのコメントをご覧ください。
(指導教授:寿山泰二)

LLC.キャリアジェンヌ代表武田祥子氏のコメント

 本日は、寿山ゼミに寄せていただき、有難うございました。そうなのです!私どもがお話を終えた後の心情は「寄せていただきました。」ではなく「有難うございました。」なのです。これはリップサービスではなく、話をしている者に、思わずそう言わせてしまう、そんなゼミ生の皆さんの傾聴姿勢や態度でした。最後の質問にしてもしかり、いつもは返球の早い私があまりにも真摯な深い質問に、ストライクを返すのに相当苦慮し、嬉しい悲鳴をあげねばなりませんでした。おまけに、予定終了時間が近づくにつれて、私は皆さんからの質問が永遠に続き、ずっと時間を共有できればいいのにとさえ思っていました。
 そんな素敵な皆さんには、確固たる自信を持って、これからの就職活動に挑んでいただきたいと思います。そして、もちろん、その先に続く人生にも。貴女自身が貴女の人生の手綱をしっかりと握り、時には鞭を入れ、時にはスピードを落として周りの景色に目をやり、時には方向変換も厭わず、貴女自身が貴女の人生の主役であることを、常に忘れないでいてください。いつの日か、近い将来、大人の階段を一歩上った皆さんに、再会できることを楽しみにしています。末尾ではございますが、素晴らしい学生の皆さんと、素晴らしい時間を共有する機会を頂戴できましたこと、寿山先生には心より感謝申し上げます。本当に有難うございました。

寿山ゼミ生(3回生)の感想等

岸 優花

 今回のゼミで武田さんと過ごさせて頂いた2時間半という時間は、本当にあっという間だったように感じます。中身の濃いお話をわかりやすくユーモアたっぷりにお話して頂き、人を惹き込むトーク力がとにかく魅力的な方でした。その内容は就職活動に向けてのアドバイスであったり、武田さん自身の体験談であったり、同じ女性の先輩として多くを経験されてきた武田さんならではといったお話をたくさんして下さいました。それらのお話を拝聴し、やはり一本筋の通った人間力というものが、これからキャリアを築く上で大切なんだと気付きました。
 そして、武田さんが出会った人や仕事を大切にされていること、また、そういった姿勢がいかに大切であるかを真剣に伝えようとして下さっている熱意をとても感じました。また、就職活動において不安に思っていた多くの部分が、実はそんなにネガティブに考えすぎることではなく、ありのままの自分の良さを表現することが最も大事なんだという考えを持つことができました。自分が志望する企業の掲げる理念に納得し、志望理由を暗記ではなく本心から話すことのできるよう、就職活動に取り組んでいきたいです。
 これから社会に出るにあたり、本当の意味で素直で謙虚な女性を目指していこうと思います。女子学生ばかりの私たち寿山ゼミ6期生にとって、今回武田さんのお話を聞けたことは本当に貴重で、楽しみながらお話を聞けたことがとても心に残る経験でした。ありがとうございました。

岡原加絵

 本日、私達寿山ゼミ3回生はキャリアコンサルタントの武田さんにお越し頂き、就職活動に関することなど様々なお話を聞くことができました。けれど、それは就職活動だけでなく、今後社会人になってキャリアを積み重ねていくなかでも大切なことばかりだと思いました。どれも自分にとって心に響く内容ばかりだったのですが、私が最も印象に残った言葉は「過去と他人は変えられない。けれど未来と自分は変えられる」という言葉です。本当にその通りだと思いました。過去に起こったことをくよくよ引きずり、相手の評価、捉え方を気にして前に進むことを諦めるよりも、まだ見ぬ未来をよりよいものになるイメージをする、また過去の経験から得ること、知ることのできた自分の改善点を変えること。立ち止まるのではなく、突き進むこと!そう気づくことができました。
 これからの就職活動、思い通りにことが進まず、立ち止まってしまうこともあるかもしれません。けれどもそこで諦めずに夢を掴む努力すること、失敗を受け止め成功に変えていくこと。私もこのような意識を持ち、自分のなりたいもの、就きたいと思える職業に突き進んで行きたいと思います!武田さんの過去の体験談などを踏まえた、武田さんの人生についてお聞きし、本当に尊敬できる人だと思ったと同時に、私も武田さんのように周りに良い影響を与えられる大人になりたいと思いました。このような素敵なお話を聞くことのできる機会を設けて頂き大変嬉しく思います。本当にありがとうございました。

井上理菜

 今回のゼミはキャリアコンサルタントの武田祥子さんにお越しいただきました。就活のことからこれからの人生について、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。就活を勝ち抜くためにはまず早めに行動し、イメージトレーニングし、余裕をもつことが大事であること、また、何故その企業でないといけないのかを明確にし、気持ちを固めて端的に分かりやすく相手に伝えることができるかが重要であるかが分かりました。身だしなみに関しては、清潔感はもちろん、お客様に出して恥ずかしくない格好をしている人であるかどうかを見ていると聞き、どういう顧客なのか詳しく調べることが大事だと思いました。
 私が一番印象に残っているのは、就活や会社で働く上で素直さ、謙虚さが必要だということです。素直さとは、媚びを売る人と誤解を招きがちですが、人の言ったことを一旦飲み込める人であり、謙虚な人に対しては上司も新しいことを教えがいがあるということ。面接の場でも、その人の伸びしろを見ているということなので、素直さ、謙虚さを常に持ち続けて挑みたいと思います。また、武田さんは人と仕事は自分から裏切らない、縁は自分から切らないとおっしゃっていて、常に感謝の気持ちを忘れない、来るもの拒まずという姿勢は私も真似したい思いました。
 たくさんのお話を聞いて、武田さんは明るく、前向きで、笑顔の素敵な魅力的な女性だと思いました。私も武田さんのように「毎日楽しい」と胸を張って言える人生を送るために、日々努力していこうと思います。武田さん、お忙しい中貴重なお話をありがとうございました。

小林 唯

 今回ゼミの時間にキャリアコンサルタントの武田祥子さんにお越しいただき、就活を控えた私たち3回生にとって為になる話や、就活に関してだけでなく今後の人生に役立つ話を聞くことができました。就活が解禁される3月までにやるべきことは、まず最初に自分の気持ちや芯を固めることで、これはなぜ働くのか、なぜこの企業でないといけないのかなどを固めることです。その次に身だしなみなどの型を決めることです。お客様の前に出して恥ずかしくないかなどを採用担当者は見ているということを学びました。次に気持ちを込めること。最後に採用をシミュレーションできる模擬面接の場などに沢山参加することです。
 様々な企業の人事担当者が言う企業が求める人材は、傾聴力とコミュニケーション能力です。今回お越しくださった武田さんだけでなく、講師として来てくださった社会人の方にどんな人が内定をもらうか聞いた時には必ずコミュニケーション能力が出てくるので、コミュニケーション能力に関しては業界や企業関係なく必要とされる能力だと今回改めて思いました。
 今回お話を聞いてわかったことは、就活の準備は今からやって差をつけておくべきだということ。採用担当者が求めている人材は仕事面だけでなく、プライベートでも人として関わりやすい人なのではないかと感じました。武田さんが日々心がけている人と仕事を裏切らないことと、自分から縁を切らないということを私も大切にしていこうと思いました。

上野詩歩

 本日、キャリアコンサルタントの武田祥子さんのお話を伺いました。まず、最初とても笑顔が素敵な方だなという印象を受けました。自己紹介の際に、以前、阪南大学で非常勤講師をされていたことには驚きました。そして、今回は、就職活動目前に控えた私たちに向けて様々なお話をしてくださいました。
 まず、「就職活動に勝ち抜くためには?」というお題で、内定を取ることができない人に共通することが、ネガティブ且つ人のせいにする人でした。自分の人生に勝ち負けではなく、諦めるか諦めないかということを話されていました。先手必勝でどれだけ早く準備に取り組むことができるかがポイントになるということでした。そのためには、(1)気持ちを固めること、(2)身だしなみ、(3)ヒューマンスキル、これらの3点を高めることが大切ということでした。そして、企業というのは100%出来上がった人ではなく、伸びる人を求めていることや、さらに素直と謙虚さを持つことの大切さも知りました。
 武田さんのお話はユーモアがあり、どの話もこれからの人生で為になるものばかりでした。その中でも、印象に残っている言葉があります。それは「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」です。自分の人生は自分で決めていかなければならないので、人生を諦めず、未来の自分と向き合って、3年後、5年後と将来の目標を考えていきたいと感じました。

坂本 茜

 今回、寿山ゼミではキャリアコンサルタントの武田祥子さんにお越しいただき、貴重なお話を伺うことができました。就職活動のことから女性の生き方まで、ほんとうに楽しく笑いが絶えませんでした。武田さんの人生は、波乱万丈でたくさんの経験をされてきたとおっしゃっていましたが、とても笑顔が素敵なハッピーオーラがすごい魅力的な方でした。就職活動に勝ち抜くには、ネガティブにならず、何事も準備が大事なのだと。そして、場数を踏んで度胸つけることが大切なのだとおっしゃっていました。努力なしでは何も自分に返ってはこないのだと感じました。「心・形・決心」この3点を心がけたいです。
 「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。」という言葉も心に響きました。自分のたった1度きりの人生なのだから楽しく生きたいです。そのためには、人生自分で諦めず将来を見据えて、明るく笑顔で、ポジティブに好奇心旺盛で機転が利く人間になりたいです。そうすることで、見える視野が広がったり、自分だけでなく周りの人たちもポジティブなり、それがまた自分へと巡り巡って返ってくるかもしれないからです。それがいい循環なのだと思います。
 またお話の中で、何度か「ご縁がなかった」と言うこともおっしゃっていました。落ち込んでいる場合ではなく、就職活動が始まったらこの言葉を頭の片隅に置いておきたいです。武田さんの話し方、考え方、捉え方、声のトーン・大きさなどこれからの就職活動や社会に出てからも役立つことばかりで、またポジティブでいることで自分にも周りにもいい影響を与えることが出来るのだと改めて感じることができました。本当に有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

柴垣由佳

 今回のゼミに、キャリアコンサルタントである武田祥子さんにお越しいただきました。私たちは、就活準備期間ということで就活にあたっての多くのアドバイスやコツというものを約2時間半にもわたり教えていただきました。まず就活時に大前提であることは、気持ちを固めるということ。自分の伝えたい事が相手に伝わる言い方、相手が理解しやすい伝え方を努力する。そして面接練習には積極的に参加し、場数を踏み度胸をつけるということが大事とおっしゃっておられました。私も同感であり、今その練習を積み、自分を磨いているところでもあります。
 また、素直さ、謙虚も必要だということで、人の言ったことを受け入れられる力であり、それはどんな些細なことでも、感謝の気持ちを忘れないことが大切だということ。理解はしていても、なかなか忘れがちなので、しっかりと今からどんな出来事においても忘れないように、未来と自分は変えられるので、起こる出来事の全てに感謝の気持ちを忘れない心でいようと強く思いました。
 さらに、就活時や人前に出たときに緊張に打ち勝つコツも教えていただいたことで、私の心の中はこれからに向けての不安や緊張は良い意味で和らげることができました。それは、聞いた後の自分と聞いていない場合の自分とでは、非常に大きな差が必ず出るぐらい、私の中にある気持ちや心というものが大きく変わりました。今回のお話しやアドバイスをいただいたことで、就活目前である私の不安や緊張している心の中を、180度ガラリと前向きに変えていただきました。感謝の気持ちを忘れずに、本番では最大限の自分で取り組んでいけるように今から引き続き準備を続けたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

木村 愛

 今回武田さんのお話を聞き、一番強く感じたことはカッコイイ女の人だと思いました。お話は就職活動にためになるものばかりで、今の私たちにはとても素晴らしい話ばかりでした。面接などで苦手とされるのは何を言っているかわからない人である。とおっしゃっておられて、簡潔に相手に伝えることの大切さが重要なのだと感じました。そして、普段の生活から人のせいにするようなマイナスなことを言ったり諦めたりすることは就職活動においてもダメだと聞き、マイナスな言葉は控えていこうと思いました。やはり、就職活動においても入社してからも傾聴力とコミュニケーション力は必要不可欠で、働きだしたら素直さ謙虚さが大事であるとおっしゃられていて、すべてにおいてすぐには身につかないものなので少しずつ身につけていき、誰よりも早く内定を頂きたいと思いました。
 私の中で1番心に響いた言葉は、「縁は自分からは絶対切らない」。その言葉はとても深いものだと感じました。何かちょっとしたことでも知り合ったのには何かの縁があるので、少しでも関わった人たちは大切にしていきたいと強く思いました。そして、自分の苦手だなと思う人も大切にし、もしかしたら何かの縁があるので苦手だから関わらないという考えは辞めようと強く思いました。武田さんのお話を聞き、私も女の人からカッコイイと言われる、そして誰が見ていても人生を楽しんでいてキラキラしている人に見えるような人間になりたいと強く思ったので、今回聞いたお話を大切に、自分磨きをし、自分の行きたい所に行けるように心がけていきたいです。貴重なお時間ありがとうございました。

浅井里美

 12月7日(月)、キャリアコンサルタントの武田祥子さんにお越しいただき、社会において可能性を広げる女性の考え方について学びました。人生経験が豊富な武田さんだからこそ語ることのできる体験談を共有する有意義な時間を共に過ごさせていただいたこと、私にとって、とても貴重な体験となりました。
 社会は、昔と比べ、女性はこうでいけない、という固定概念が薄まり、女性が働ける職業が幅広くなったのかと感じました。考え方一つで物の見方は変わると、言葉で言えば、とても簡単に聞こえてしまいがちですが、自分に都合良くプラスに考えることは、私にとって、とても難しいことです。ですが、自分自身がマイナスだと思っている過去すらも、考え方を少し変えてみれば、見える世界が変わって見えてくるんだと、刺激を受けるお言葉を頂きました。過去に囚われず、「今」を見つめ直すことで、理想の未来は自分自身で作ることができるんだと、私たちが就職活動前にそのお言葉を伺えたことはすごく大きな価値があると感じました。
 正解ばかりを追い求めがちな私ですが、失敗が自分自身のプラスに繋がると思える心の余裕を持てる人間を目標に努力していきたいと思います。失敗を恐れず突き進む勇気を持つことで、得る経験の大切さに改めて気づくことのできる機会でした。就職活動を間近に控えている私たちですが、一つの結果にこだわらず、状況に応じて「切り替え」をしていくことで素敵な職業先と出会えることを信じています。武田さん、本日は本当にありがとうございました。

塩野真奈美

 本日の寿山ゼミは、キャリアコンサルタントの武田祥子さんに講義して頂くためにお越しいただきました。武田さんは自身で起業し、キャリアウーマンとして働いておられます。そこで、女子ばかりの寿山ゼミで、女性の生き方(ワークライフバランス)、また沢山の企業の方や、採用者の方と面識がある武田さんに3月解禁になった就活の前に行っておく大切な気持ちの心構えや、企業がどのような人材を求め、採用を行っているか、就活をうまく行い、内定を取るかという話をして頂きました。本日行った寿山先生の就職支援の授業で「働く」意味についてグループディスカッションを行ったばかりでしたので、本当に働く意味を考えること、現在バイトなどでどのような瞬間に楽しさを得ているかを考えることによって将来に繋がることを学びました。
 また、気持を固めておくことによって、素早いスタートダッシュを切れるということを改めて教えて頂きました。「自分の人生は諦めたか、諦めていないか」で人生が変わってくるという言葉が一番心に響きました。もし、就活がうまくいかなくても縁がなかったと切り替える力が大切ということが、今の私にとってとても勇気づけられるものとなりました。武田さんはいつも沢山の学生や社会人の方々の前で講演をされているので話がとても上手く、時には冗談や場の雰囲気を固いものではなく、和ませる様な話し方をしてくださり、本日の寿山ゼミはとても笑いあり、笑顔溢れる授業となりました。時間が一瞬で過ぎていくような有意義な時間となりました。

大野木 梓

 今回、キャリアコンサルタントの武田さんに就活に対しての心構えや、女性の生き方などについてのお話しをお伺いすることができました。武田さんのお話しはとても面白く、質問をさせて頂いた時はわざわざこちらに近づいて来て下さり、とても素敵な方でした。「なぜ働くのか」「なぜ働きたいのか」しっかり自分自身で考え、心を固めることが大切だと学びました。そして、就活は暗記したことを発表する場ではない、決心を伝える場だという言葉が私の心に刺さりました。暗記したことをふっと忘れてしまうことにより、パニックになるのだと聞き、私も本番は緊張により忘れてしまうタイプだと思ったので、大切なのは暗記したことを伝えるのではなく、私自身の熱意を伝えることが大切だと改めて理解することができました。
 また、私はとても緊張するタイプなので緊張することは悪いことではないと言っていただき、とても心が軽くなりました。また、緊張は場数を踏むことである程度しなくなると聞いたので面接やグループディスカッションの練習に積極的に参加したいと思いました。そして、ヒューマンスキルも身につけ社会人基礎力を付けたいです。こうして準備を早くし、先手必勝で就活に挑みたいです。「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」という言葉は正にその通りで、未来と自分をこれから良い方向に変えていきたいと思いました。約2時間半もお話しして頂きましたが、とても内容が濃く、あっという間に時間が過ぎ、とても充実した時間を過ごすことができました。本日参加することができて本当によかったです。教えて頂いたことを忘れず、活かしていきたいです。

神本万柚

 2015年12月7日(月)、キャリアコンサルタントの武田祥子さんが寿山ゼミにお越しくださり、お話しを聞かせていただきました。就活に勝ち抜き内定を取るために必要なことや、今から3月の解禁までにやっておくことなどたくさんのお話しを聞かせていただきました。私が一番印象に残ったお話は、面接でコミュニケーション能力、そして身だしなみや清潔感が一番大事だということです。これは就活の面接だけでなく、生きていく上で大切なことだし、就職してからも大切なことだと思います。そして、やっぱり明るく元気で笑顔でいることが好印象なので、そういったところを心掛けようと思いました。
 そして、面接で分からない質問があると素直に「わかりません。」で良いそうですが、そのあとに「次までに考えて参ります。」とつけると印象に残るとおっしゃっていました。素直さと謙虚さが大切だと教えていただきました。学歴は関係あるところもありますが、やはり面接で見ているのはその人の人間性なのだと感じました。また、説明会などに参加する時、3列目までに座り、積極性を見せていくことが大切だと分かりました。ある企業の方は「3列目以降はカボチャにしか見えない。」と言っていたそうです。説明会などに参加した際には、3列目までに座り、積極的に質問などをして自ら行動することが大切だと思いました。短い時間でしたが、たくさんのお話しをお聞きすることができ、本当に勉強になりました。これからの就活に向け、武田さんに教わったことを活かし、内定を勝ち取ろうと思います。武田さんお忙しい中、本当にありがとうございました。