2014.10.22

フリンダース大学留学体験記2:寿山ゼミ3回生

フリンダース大学留学体験記2:寿山ゼミ3回生 岡城弘明

 国際コミュニケーション学部寿山ゼミ3回生の岡城弘明です。早くも留学が始まってから2か月が過ぎようとしています。1セッションが終わり、2セッション目が始まりました。最近では、あと5か月しかないと少しプレッシャーを感じています。そして、今月は新しいルームメイトが東ティモールからやってきました。彼はとてもフレンドリーで英語も達者なので、益々私の英語力の向上も期待できそうです。さて、今回のトピックは、「ASIA FEST」、「学校生活」、「ルームメイト」を紹介をしたいと思います。

ASIA FEST

 オーストラリアでは10月4,5,6は3連休でした。この3連休にASIA FESTというお祭りがありました。この祭りは、日本、韓国、中国、タイ、ベトナムの5か国の食べ物やエンターテインメントを楽しみながら各国の伝統等を知ってもらおうというお祭りです。そして、今回は記念すべき第1回目で日本が主役国でした。日本は「相撲」がメインで、相撲をはじめ、「盆踊り」「剣道」「空手」などショーが楽しめました。そして食べ物は、「寿司」「鉄板焼き」「たこ焼き」等の屋台が並びました。
 私は今回、私のメンターであり、こちらでいつもお世話になっている人にお誘いいただき、私はスタッフ側として参加しました。私たちは、「たこ焼き」「ラムネ」「水ヨーヨー」「うちわ」「カツラ(舞妓のかぶり物)」を商品とし、二店舗に分け、商売をしました。当然お客は外国人で、英語をしゃべらざるをえないため、私にとってすごくいい勉強になりました。私の主な仕事は主に接客、客寄せでした。
 「たこ焼き」はオーストラリア人をはじめとする海外の人からすると知名度が低い食べ物でした。それに、主にオーストラリア人は魚介類に抵抗があり、特に生モノは毛嫌いします。そして、タコもイメージが悪いようで、タコと聞いただけで、買うのをやめる人も珍しくありませんでした。私はどうやったら「たこ焼き」が売れるか、どうやったら「たこ焼き」に興味を持ってくれるだろうと常に考え、試し試しに客寄せをしました。
 私は初めただ店の前に立ち、声をかけているだけでした。私はこれでは意味がないと思い、看板があったのでそれを持ち、日本で言う「キャッチ」をしました。最初は中々うまくいきませんでしたが、声のかけ方や看板の文章を何回も変えてみて、相手のリアクションを見ながら試行錯誤することにより、「たこ焼き」への抵抗を減らす事ができました。
 また接客の際にも回転率をどうやったら上げることができるだろうと、常に何事も試行錯誤しながらだったので、とてもいい経験になりました。努力の甲斐があり、2日で「たこ焼き」は完売となりました。3日目は残念ながら、強風のため祭り自体が中止なりましたが、目標売り上げが達成できたためよかったです。

学校生活

 早くも1セッションが終わり、2週間の休みがあり、新しいセッションが10月14日から始まりました。私は祭りに参加したことにより、英語力が伸びたと学校の友達や先生としゃべっていて気づき実感しました。リスニングとスピーキングは伸びましたが、読み書きの方はまだまだ基礎が固まっていないため、もう少し力を入れていこうと努力しています。暇があれば、授業の際に推奨された本を読み、わからないニュアンスなどあれば先生に聞くようにしています。
 最近、私は宗教に関心があります。私は無宗教ですが、私以外ほとんどが宗教信者です。日本にいるときはイスラム教やキリスト教の人たちと話しをすることがなかったので、とても不思議で興味深い話です。実際に、私は友達にキリスト教会へ連れて行ってもらいましたが、感想として言葉で表すのは難しいですが、独特の雰囲気でした。改めて、無宗教というモノは自由だなと思いました。ですが、なにかを信じるという意味では素晴らしいことだなと同時に思いました。

ルームメイト

 10月10日から12月18日まで一緒に生活することになった、東ティモールのジェフリーを紹介したいと思います。正直な話、彼が来るまで私は東ティモールという国は知りませんでした。この国は歴史がまだ浅く、つい最近までインドネシア占領されていましたが、1999年占領から解放され2002年に独立した島国です。彼も私と同じで自分の国から出たことがなく飛行機も乗るのも初めてだったそうです。彼の国はまだまだ発展途上で、エスカレーターやカップヌードル、電子レンジ、シャワーなど我々先進国が当たり前の存在が、彼にとって初めて見るモノ、触るモノばかりだそうです。
 今回は政府が全額免除のプログラムに参加していて、彼は英語等を学びに来ていますが、国同士の親交を深めるためのプログラムでもあるそうです。とにかく彼はとても明るく、フレンドリーで私にとっては友達であり、家族のような存在なのでこれから思い出を増やしていきたいと思います。
 最近よく考えるのですが、英語はもちろんですが人間的にも成長できているのだろうかと自問自答する時間が多くなりました。私はもっともっと成長したいと思うので、2セッション目から新しい習慣と新しい目標を立てることにしました。とにかく行動を意識し、留学生活を有意義にしていきたいと思います。

寿山教授のコメント

 ASIA FESTで大変貴重な経験を積んだようです。「たこ焼き」販売の話を聞いて、今年のオープンキャンパスでの岡城くんの行動を思い出しました。寿山ゼミでは毎年オープンキャンパスにゼミ生にスタッフとして参加してもらっていますが、高校生たちの来場が途絶えたとき、暇な時こそ何をどうすべきか、自分たちで考え行動してもらっています。そんな時に岡城くんが率先してゼミの看板を持って教室の外、建物の外に出て声掛けしていました。とても個性的で憎めない岡城くんの次の体験談がますます楽しみです。