2014.2.18

平成26年大阪天満宮招福娘に吉田愛梨さん(寿山ゼミ2回生)が選ばれました!

平成26年大阪天満宮招福娘に吉田愛梨さん(寿山ゼミ2回生)が選ばれました!

大阪府民にとっては、「天神さん」と言った方が親しみやすい大阪天満宮ですが、平成26年天満天神えびす祭の招福娘に国際コミュニケーション学部寿山ゼミ2回生の吉田愛梨さんが選ばれました。公的な役割を担う招福娘としてご奉仕を終えられた吉田愛梨さんのレポートをご紹介致します。

招福娘に応募理由

以前から母に「今しかできないことを今のうちにしなさい」と言われていました。そこで、大阪天満宮の招福娘に挑戦してみようと思ったのがきっかけです。大阪天満宮を選んだ理由は、大阪天満宮は学問の神様で有名であり、私自身、高校・大学受験の時は大阪天満宮に合格祈願に行き、第一志望で入学したい学校に行くことが叶ったからです。

招福娘の選考内容及び合格時の気持ち

招福娘の選考は、400名の応募者の中から書類選考を経て、50名に第一次面接が行われました。50名の中に選ばれたことだけでもすごく嬉しかったのですが、招福娘の20名に決定の合否通知が来たときはとても嬉しかったです。最後の代表選考会では舞台の上に立ちスピーチをしました。緊張で頭が真っ白になりましたが、あれだけたくさんの人の前に立つことはなかったのでとてもよい経験になりました。

招福娘のお仕事を体験しての感想等

仕事内容は十戎だけでなく、えびす祭の事前PR活動などにも参加させていただきました。大阪市営地下鉄のPV撮影、橋下大阪市長や松井大阪府知事へのご挨拶など、普段ではお会いできない方々にもお会いすることができて感無量でした。十戎ではたくさんの参拝者の方々に笑顔と鈴をお授けできたことを幸せに思います。

招福娘を経験して得たこと学んだこと

他の招福娘や神社の関係者のみなさんに出会え、人間的に成長ができ、社会貢献ができたことが一番の得たことだと思います。これからも人と人との出会いを大切にしていきたいと思いました。そして、笑顔で人と接するととても温かい気持ちになれることもわかりました。もっともっと笑顔を大切にして人と接していきたいと思います。

今後の夢・目標について

今はまだ、自分の夢については思案中ですが、招福娘で学んだこの笑顔で、人を幸せな気分にするお手伝いができるお仕事に就くことができればと思っています。

寿山教授のコメント

吉田愛梨さんは少し人見知りなところもありますが、とても明るく笑顔の素敵なゼミ生です。こうして、自らが積極的にいろんなことにチャレンジしていこうという姿勢・意欲はとても素晴らしいものです。その気持ちが、きっと自分の夢を明確にし、夢を実現できる力をもたらしてくれることでしょう。3回生からは1回生寿山ゼミのSAとしてきっと新入生たちのよき相談相手にもなってくれると思います。さらなる飛躍を期待しています。