2018.12.13

2018年度寿山ゼミ就職支援第4弾!イオンディライト採用担当部長による模擬面接

 2018年12月3日(月)の3回生寿山ゼミは、東証一部上場企業であるイオンディライトの中村真也採用担当部長が前期の就職ガイダンス以来二度目となるゼミにお越しくださり、ゼミ生一人一人に模擬面接をしてくださいました。さらに、他のゼミ生全員も採用担当者となって本人の目の前で合否を決めるという模擬面接を大きく超えた本番以上の緊張感を醸し出す中、実施されました。
 一人一人面接終了後に自己評価を行い、他のゼミ生からの目に見える形での合否判定を受けた後、中村採用担当部長の非常にシビアな目で面接応答に対する客観的な評価と今後につながる的確なアドバイスを併せていただきました。全員が厳しい現実を自ら体験できたこと、各自が今後修正すべき課題を明示していただけたことは、就職活動を目前に控えた今だからこそ大変意味のあるものになったと思います。企業の現役採用担当責任者自らが行う模擬面接は、通常あり得ない貴重なものであり、ましてや少人数の寿山ゼミ生のみが体験できたことは、就活への大変大きなアドバンテージとなりました。今回学んだことが今は辛く苦しくともそれぞれの夢・目標を叶える力に変わり、自身の望む結果へと必ずや導いてくれると確信しています。
 最後にこの場をお借りして、大変お忙しい中、寿山ゼミ生だけのためにわざわざ阪南大学にお越しくださり、2時間半休憩なしの長時間にも及ぶ本気の模擬面接をしてくださいましたイオンディライトの中村真也採用担当部長に心から御礼を申し上げたいと思います。では今回の模擬面接でゼミ生たちが得たこと学んだことをご覧いただけますと幸いです。(指導教授:寿山泰二)

寿山ゼミ生の感想等

井上沙耶(3回生)

 本日はイオンディライトの中村さんに実際の面接と同じような環境で模擬面接をさせて頂きました。ドアの開け方から始まり、挨拶の仕方など細かい事までアドバイスを頂くことができ大変勉強になりました。自己PRの際には、具体的な数字を入れるとよりイメージしやすくなることや私の強みを他のエピソードでは表現できないかなど、フィードバックも一人一人丁寧に時に厳しくアドバイスして頂きました。
 自分の自己PRを発表し、意見を頂いたことがなかった為、初めて自分の欠点などを知ることができたと感じます。今回の貴重なご意見を踏まえて、これからの履歴書では具体性と相手に響く熱意のこもったPRができるよう努めてまいります。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

清原奈帆子(3回生)

 本日は貴重なお時間頂きありがとうございました。自分の伝えたい事や売り込む力というのを本番で発揮する事の難しさを痛感し、自分の話し方が想像以上にまだまだだという事を知りました。自分が学んだ事を今後どう活かすかという部分のフィードバックは非常にためになり、中村様に言われたようにするとしっくりくる内容となりました。
 頑張った事の大小に関わらず、どのようにして協力しあい、それをどう乗り越えたのかを具体的に分かりやすく伝えることが大事なのだと学びました。また人事部の方から見たこのような人材がほしい、こういう部分を見ているといった現実的な意見を頂き、それにそった自己PRができるよう本日の自己PRを見直そうと思いました。

岡本 渚(3回生)

 本日はイオンディライトの中村さんにお越しいただき、模擬面接という本当に貴重な経験をさせていただきました。目の前に中村さんやゼミ生がいる中、入室から自己PRを一人で行い、自分の心臓の音が聞こえる程緊張しましたが、無事自分の伝えたいことを伝えきり、一人一人丁寧なフィードバックまでしていただきました。
 やはりプロの目からの視点は違い、厳しいことを言われることもありましたが、そこまで厳しく、細かくご指導いただけることは滅多にないことで、新しい気付きがたくさんありました。面接官が何を見ているか、どんな話が聞きたいかというところをもう一度考え直し、自己PRをブラッシュアップしていこうと思います。もう数か月後に迫る就活に向けて、一足先にこの経験ができたことを本当に感謝いたします。

成江美織(3回生)

 今回、イオンディライトの中村様にお越しいただき、寿山ゼミ3回生のために模擬面接をしていただきました。今回私は留学のことに基づいてお話しました。自信はあったのですが、プロの方からするとまだまだであり、違った視点をアピールすることを助言して頂きました。確かに、もっと私の持っている色を出すべきであり、出せる方法があることに気がつきました。
 また他の発表者へのフィードバックからの学びも多くありました。どのような人材が求められるか、どんなワードや口癖が面接官をがっかりさせてしまうのかなどリアルなお話を聞くことができ、本当に有り難く、貴重なお時間でした。中村様にはお忙しい中、約2時間半もの間、寿山ゼミ生のために正直な意見を下さり、親身に向き合ってくださったこと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからの就活に必ず役立てていきます。ありがとうございました。

西田 楓(3回生)

 本日はイオンディライトの中村さんに模擬面接を一人一人して頂き、フィードバックを頂きました。初めて実際の採用担当の方に模擬面接を見て頂き、とても緊張し話そうと考えていたことが伝えられませんでした。そして中村さんに、具体的な内容のフィードバックや採用担当の方ならではの貴重なご意見を頂き、今回の模擬面接は、私にとってとても意味のあるものになりました。
 他のゼミ生の面接内容や、ゼミ生に対してのフィードバックから学ぶことも多かったです。例えば、面接官にその風景を想像してもらえるように具体的に話すことや、「たくさん、色んな」など抽象的な表現は面接ではNGということなどです。今日学んだことを私のものにし、より良い自己PR文を作るために活かしたいです。今回は貴重な経験をありがとうございました。

福田愛美(3回生)

 12月3日、イオンディライト採用担当部長の中村様が直接模擬面接を行なってくださいました。この貴重な体験を有意義なものとしたいと考え、前々から準備はしていたものの、本番になるまで万全な対策ができていたかと聞かれるとまだまだだと感じておりました。そして、本番の日を迎え、1番目に面接だったので大変緊張致しました。学生時代に力を注いできたことを自分の強みと弱みを交えながら話すという課題でしたが、そこが上手くリンクせずに苦戦していたところを、中村様がこうしたら良いのではないかとヒントを与えてくださいました。
 また、たくさんや多くのといったぼんやりとした言葉は禁句なことを教えてくださいました。3分という限られた時間の中でいかに自分を表現するのか、背景までイメージさせられるのか本日のフィードバックで学習致しました。これらをアウトプットできるように邁進して参ります。

野村京華(3回生)

 12月3日、イオンディライトの採用担当部長である中村様にゼミにお越しいただき面接指導をして頂きました。内容は学生時代に頑張ったことを3分間でPRするものでした。事前に内容は考えて行きましたが、実際にみんなの前で自己PRをすることとなると緊張していまい話したかった内容を忘れたりしてしまいました。
 しかし、これが本番ではなく良かったとも思いました。自分の内容についてのフィードバックを受け改善点が見つかりましたし、ゼミ生のフィードバックからもこういう内容はよくないとか背景が見えるように話しをすることや、具体的な数字や名称を入れるとよくなるなど為になることがたくさんありました。就職活動が始まる前にこのような機会を与えていただき感謝致します。良いご報告ができるように就職活動を頑張って参ります。

堀 ひまわり(3回生)

 本日はイオンディライトの中村様にお越し頂き、寿山ゼミ生のためだけに模擬面接をして頂きました。本日3回生は14人いたのですが、一人一人にしっかりフィードバックをして頂き、ご指導を頂戴することができました。ゼミ生全員の面接の様子を見ることができ、時には厳しいお言葉を頂いたりしましたが、それら全てが生の声であり、これが採用面接なのだと本番さながらの空気感を味わう事ができました。
 そして、中村様にお会いしたのは本日で3回目だったのですが、長時間にも関わらず一人一人に熱心にご指導してくださった中村様のお人柄に改めて感動致しました。厳しいお言葉も私達を気に掛けて下さっているからこそであり、だからこそ今日という日をこれから始まる就職活動にしっかり活かしていきたいと思いました。中村様、本日はお忙しい中、本当にありがとうございました。

谷口芹奈(3回生)

 12月3日(月)にイオンディライトの中村さんが、寿山ゼミのために再び来て下さり、ゼミ生全員と模擬面接をしてくださりました。面接のときにどの部分が見られているのか、どんな内容はあまりふさわしくないのかなど、人事のプロの方のリアルな声を知ることができ、とても勉強になりました。厳しいお言葉を頂いたからこそ、今の自己PRのままでは内定に進んでいくのは難しいという現実を知ることができ、これをバネに内容を練り直して今後の面接に挑んでいこうと思いました。
 中村さんだけでなく、ゼミ生全員からもフィードバックを頂き、自分が相手からどんな印象を持たれているか知ることができて、とても貴重な経験をすることができました。就職活動が本格的に始まるまでもう時間があまりないので、残された時間を有効に使い、本番の面接では自分の力をしっかり発揮できるように、本日学んだことを活かしていきたいです。

谷口加奈(3回生)

 今回のゼミ活動では、一部上場企業のイオンディライトの採用担当部長である中村様にお越しいただき、模擬面接をしていただきました。このような機会は非常に貴重で、緊張もしていましたが、この日を楽しみにしていました。まず、普段の大学生活ではお聞きすることが出来ない面接のポイント、自己PRの仕方、人事の方が求めている人材についてお話を聞くことが出来ました。私達学生が気にしている視点や考え方と企業の方が面接で重要視している視点・考えの違いに驚きましたが、今回お話を聞くことができて就活目前の今に知ることが出来て良かったです。
 次に、実際に面接をしてみて自分の良い部分、改善すべき部分両方を丁寧かつ厳しくご指摘いただき、今の私に足りないものを自覚することが出来ました。また、他のゼミ生へのフィードバックも大変参考になり大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。今回の機会を無駄にせず、就活本番までにしっかりと準備をし、満足のいく就職活動に出来るようにこれから取り組んでいきたいと思います。

鈴木彩馨(3回生)

 本日、イオンディライトの採用担当者である中村さんに模擬面接をして頂きました。模擬面接では頭の中が真っ白になり、準備してきた物を納得のいくよう出し切れず、何一つ伝えることができませんでした。中村さんの厳しいフィードバックを受け、自分の行動一つ一つを振り返った結果、自分の志望している企業の水準と自分の能力が見合っていないことを痛感致しました。どんなことにおいても貪欲さをなくしてはいけませんが、欲張りすぎて執着し過ぎると周りが見えなくなります。今の私には全体的に自分を俯瞰して見ていける能力が必要だと思いました。
 そして、今後の行動が良い結果へと繋げれるよう、今の私が取り組むべき課題と真剣に向き合っていきます。本日の模擬面接とその評価基準を体感できたことは自分の糧となり、本日の経験が今後の原動力の源となりました。必ず今後の就職活動に活かしていきます。本日は貴重なお時間を与えて頂きありがとうございました。

高橋葉瑠奈(3回生)

 模擬面接をしていただき、ゼミ生一人ひとりにフィードバックもあり、またとないとても素晴らしい経験でした。私は今回の中村様のご指導を厳しいとは感じず、これが社会では普通であると感じました。私もフィードバックをしていただきましたが、私に対するフィードバックは、いろいろな人に昔からずっと言われ続けていることでした。
 オーラをすでにもっているのにそのうえにスタンドプレイをしてしまうと、面接官は引いてしまうと言われました。前からそれがいけないとわかってはいましたが、元気じゃないよりも元気がある方がいいと、今までは自分のいいように考えてしまっていたところがあるので、もらったフィードバックを素直に受け止めようと思いました。貴重な経験をありがとうございました。

川崎麻希(3回生)

 本日のゼミでは、イオンディライトの中村さんにお越しいただき、模擬面接をしていただきました。貴重なお時間をありがとうございました。他の就活生には滅多にできない体験をできたことを本当に嬉しく思います。模擬面接では、一人一人に丁寧にフィードバックを行い、私たちのために本気で指導してくださり、時には厳しい言葉で私たちの就活に対する意識を高めようとしてくださりました。
 自分の模擬面接だけでなく、他の人の面接風景をみることができて、学ぶことがたくさんありました。中村さんから教えていただいた面接のポイントやフィードバックを意識して、これからの面接練習で失敗しながらでも成長していき、本番の面接に活かしていきます。

西居彩香(3回生)

 今回は、イオンディライトから中村さんにお越しいただき模擬面接を一人一人して頂きました。実際に面接していくなかでとてもシビアな空気で緊張し、練習不足で言いたい内容が欠けたり、伝わりにくい説明、更には最後まで伝えることが出来ませんでした。しかし、自分を含めた14人のたくさんの失敗や良かったもの、中村さんからのアドバイスはとても貴重なものとなりました。
 これから面接での発言に活かせる良い体験になったと思います。私は最後まで言えずとても悔しい思いをしたので、頭が真っ白にならないようにたくさん練習するべきだなと感じました。そして、自己PRのネタを考え出すためにも自分と向き合うことや、たくさんの人から自分がどういった人間なのかを聞いてみようと思います。

江﨑裕花(2回生)

 今回、3回生ゼミの模擬面接を見学させて頂いて、面接の際における重要点や実社会の厳しさを改めて実感しました。プロの方からの生の指導をゼミで受講できて非常に贅沢な時間を過ごさせて頂きました。面接では言ってはいけない禁句ワードやNG行動なども2回生の時点で教わる事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
 1人でやりきれるものではなく、グループでやり遂げた事のエピソードの方が好印象という話が印象に残っていてすごくためになりました。話の繋がりやきっかけ、理由、数字なども細かく言い表すことによって話の背景がわかりやすく相手に伝わるとわかりました。この様な貴重な体験に携われて寿山ゼミでいられている現状に感謝しています。この機会を無駄にせず、自らの成長に繋げていきたいと思いました。

仙波優奈(2回生)

 12月3日に3回生ゼミ生の皆さんが模擬面接を実際にさせていただくという貴重な体験を見学させていただきました。1人ずつ事前に用意してきた自己PRを3分でするという場でしたが、とても厳しい指導やたくさんのアドバイスを丁寧に答えていました。こんなにも1人1人に時間をかけて丁寧にご指導している姿に感動しました。私は2回生として見学させて頂きましたが、将来面接する機会がある時にとても勉強になることを教えてくださいました。
 私が1番大切だなと感じた事は自信を持つ事だなと思いました。自信を持って自分が今まで頑張ってきたことを堂々と話せる姿はすごく素晴らしい事だなと思いました。そして、話の流れには起承転結を入れるなど、伝える力、受け取る力がとても大切なのだと感じました。今回、見学という形でしたが、貴重な体験をさせていただきありがとうございました!