2017.5.9

2017年度寿山ゼミ新入生オリエンテーションキャンプレポート

2017年度寿山ゼミ新入生オリエンテーションキャンプレポート

 2017年4月22日(土)、阪南大学国際コミュニケーション学部の恒例行事となりました新入生オリエンテーションキャンプが、日帰りで「松原市少年自然の家(クリエイト月ヶ瀬)」において行われました。「友達作り」を主な目的に、キャンプ施設の職員やオリエンテーションキャンプ実行委員会の学生たちが企画したバーベキュー、チームビルディング、ゼミ対抗ゲームなど様々なプログラムで大いに盛り上がり、みんなとても楽しく過ごすことができたように思います。今年度もオリエンテーションキャンプを機にさらに仲良くなった寿山ゼミ1回生たちの感想等をまとめてみました。このままみんな仲良く、そして互いに協力、刺激し合って充実した大学生活を送ってくれることを願っています。(指導教授:寿山泰二)

寿山ゼミ生の感想等

出田 百恵(寿山ゼミ3回生SA)

 今回はSAとしてオリエンテーションキャンプに参加しました。1回生にとっては友達を作る大きなきっかけとなるイベントで、私自身このイベントで出来た友達と今でも深い交流を持っています。今回はSAとしての参加だったので、よりこのレクリエーションを効果的にする方法やキャンプを更に楽しめるような企画をSAで話し合い、買い出しなどの準備をしました。当日は1回生が率先してバーベキューの準備をしてくれたり、一生懸命レクリエーションやゲームに参加している姿を見て、安心と共にこれからのゼミへの期待が高まりました。このイベントでゼミ生の仲も更に深まったので、このメンバーで楽しい思い出を作り、たくさんの気付きや学びがある一年にしたいと思います。

神田 彩海(寿山ゼミ3回生SA)

 4月22日クリエート月ヶ瀬にて新入生オリエンテーションキャンプが行われました。天気に恵まれ本当に良かったです。入学して2週間が経ち、新入生達も大学生活に打ち解け始めたところで、このキャンプを通し、より一層ゼミ生や友人との仲を深められたように思います。バーベキューではゼミ生全員がお互いに協力し合って交互に肉を焼いたり、片付け等素早く行ってくれました。チームビルディング・ゲームではSAも参加しましたが、交流するゲームが多かった為、ゼミ生とより距離を縮めることができました。惜しくも優勝では無かったですが、ゼミ生全員の交流を深めることができ、嬉しく思います。誰かに人任せにするのではなく、みんなが率先して参加し、協力的にしてくれるゼミ生のお陰で円滑に物事が進んで、怪我も無く安全に終わることができて良かったです。大学入門ゼミが始まり、まだまだ序盤でありますが、これからもゼミ生と私たちSAの仲も深め、どのゼミよりも仲の良いゼミしていきたいと感じました。

仙波 優奈(1回生)

 私は、人見知りな性格なので、友達と仲良くなるにはすごく時間が掛かるんですけど、ゼミの友達とSAさんが明るくて優しかったので、直ぐに仲良くなれました。バーベキューでは、男の子たちが率先してお肉を焼いてくれたり、喋ったことのない子とたくさん喋ったので、仲が深まったと思います。私はチームビルディングが一番楽しかったです。楽しいゲームをたくさん企画してくれたので、違うゼミの方々とも仲良くできて、すごく楽しかったです。学生企画プログラムでは、ジェスチャーゲームなど実行委員の人が楽しい企画を用意してくださったおかげですごく楽しめました。私は、今回のオリエンテーションキャンプに参加をして、たくさんの友達を作れて、SAさんとも仲良くなれたので、良い思い出に残りました。

孫 綺遥(1回生)

 今年の四月に阪南大学に入学しました。新入生のために、オリエンテーションキャンプが実施されました。国際コミュニケーション学部で奈良にある「松原市少年自然の家」に行きました。4月22日朝8時45分に学校で集合して、ゼミごとにバスに乗って、1時間半ぐらいで着きました。始めにバーベキューやりました。みんな力を合わせてお肉を焼いたり、焼きそばを作ったりしました。美味しかったです。午後はチームビルディングをやりました。みんなでいろんなゲームをしました。みんなと仲良くなりました。楽しかったです。最後はゼミ対抗戦でした。みんな力を合わせ、一生懸命やりました。楽しかったです。私は中国人です。たまにわからないことがあって、みんな親切にフォローしてくれました。本当に感謝しています。これから楽しい大学生活を送っていくには、みんなの助けなくしてはいけないと思います。

田枝 直樹(1回生)

 今回、国際コミュニケーション学部の新入生オリエンテーションキャンプで、友達との仲を深めることができました。高校の時からの友達は、普通に喋ったことがあるけど、大学からの友達はそんなに多く喋ったことがなかったので、とてもいい機会でした。特に、ゼミの人たちと喋る機会が多かったので、とても良かったと思います。大阪に住んでいるとあんな山奥に行くことがないと思います。なので、みんなであんなところでオリエンテーションキャンプができて、とてもいい経験だったと思いました。今回のオリエンテーションキャンプで、他のゼミの人とかも仲良くなったりして、とても良かったです。1日でしたが、内容の濃い1日だったと思います。

高島 翼(1回生)

 今回のオリエンテーションキャンプに参加させていただいて、自分が学んだことは自分は人見知りをする方なので、最初はどうなるのかなあと思っていたんですけど、SAの方や実行委員の方が楽しい雰囲気を作ってくださり、バーベキューやチームビルディング、ほかにもいろいろなゲームをしてくださって、ゼミの友達もできて、ほかのゼミの子とも仲良くなれました。今回、いろいろな先輩の方々にこういう場を作っていただいたので、次は自分が実行委員になり、1回生が楽しめて仲良くなれるようなことを企画していきたいと思います。これからのゼミは毎回出席して、今回のオリエンテーションキャンプに来ていなかった子とも仲良くして絆を深めていきたいと思います。

高西 美花(1回生)

 今回のオリエンテーションキャンプではたくさんの経験をしました。まず、友達が増えました。同じゼミの子とも仲良くなれて、ちがうゼミにも知り合いが増えました。BBQでは、率先して肉を焼いたり、みんなの分のお皿やお箸を配ったりしているのを見て、その人の新しい一面を知ることができました。レクリエーションでは、ゼミの子と協力してするゲームが用意されていて、リーダーシップがある子や、知識が豊富な子、場を盛り上げてくれる子、それぞれ自分の得意を生かしてすることができていました。一気にお互いの距離が縮まった気がしました。大学生活は自分ひとりでは乗り越えられないと思います。今回のキャンプをきっかけに仲良くなれたので、これからの大学生活を協力していきたいです。

高橋 晋(1回生)

 今回のオリエンテーションキャンプでみんなととても仲良くなれたと思います。第一回めのゼミはとても不安でした。最初はみんなあまり喋らなかったので、キャンプでバーベキューなどみんなで遊ぶなど正直あまり楽しみではなかったです。でも第二回めのゼミで、みんなで自己紹介などひとりずつ喋ったり、こんなフレンドリーな子やったんやとか、色々みんなの事を知りました。そこからみんな喋るようになり、だんだん仲良くなりました。それからオリエンテーションキャンプがとても楽しみでした。そしてオリエンテーションキャンプ当日は本当に楽しかったです!みんなとももっと仲良くなり、学校がより楽しくなりました。SAと先生とも距離が縮まり嬉しかったです。この企画のおかげと思います!よかったです。これからももっと友達の輪を広げて楽しい大学生活を過ごしたいです!

瀧本 皐瑛(1回生)

 今回のオリエンテーションキャンプに参加して本当に良かったと思っています。このキャンプに行く前は、不安も少しあってどうなるのかなと思っていました。でも向こうに着いてバーベキューなどをしたら、みんなとだんだん打ち解けて距離が縮まったと思いました。バーベキューの後のチームビルディングもクリエート月ヶ瀬の人が面白かったり、みんなと協力したりして、行く前に思っていたものよりも楽しかったです。ゼミ対抗でする学生企画のプログラムも、ジェスチャーゲームやクイズなどみんなで協力したりするものが多かったので、みんなと話す機会も自然と増えて良かったです。これからも何かイベントがあれば積極的に参加して自分の成長に繋げていきたいです。

武田 晃奈(1回生)

 普段のゼミでの活動と違いオリエンテーションキャンプという事で、 正直参加する前は楽しみの他に少し不安もありました。行きのバスではSAの先輩と席が隣だったという事もあり、色んな話ができとても嬉しかったです。バーベキューでは、ゼミの男子が率先して作業を行ってくれたので凄く助かりました。施設の方が用意してくださったレクは、協力する内容が多く、同じゼミの人や他のゼミの人ともいつもより距離が近くなれた気がしました。学生組織の方が用意してくださったゲームは、司会から進行までとても面白くて、内容も様々で楽しかったです。レクで優勝という1つの目標をゼミのみんなで協力して目指すにあたり、一致団結できていたんじゃないかと思いました。ゼミでの活動は1年あるので、このゼミで色んな事が出来たらいいなと思います。

竹間 大晟(1回生)

 4月22日土曜にオリエンテーションキャンプに参加しました!正直最初行く前はあまり仲良い人が少なくて、ちょっとしか喋ったことない人とかもいたので少し不安でした。しかし、バスに乗ってちょっとしてからすぐ喋るようになり、向こうに到着した時には普通に喋れるようになっていました。みんなでのBBQは、あまり喋ったことのない女の子とも喋れて少し仲良くなれました。次のチームビルディングではみんなでチームワーク合わせてするいろいろなゲームでより一層仲良くなれました。最後の学生企画プログラムでの団結力は相当な物だと思いました、しかし、10位という残念な結果だったので、悔しかったですが、みんなと仲良くなれたので1位の賞品よりも素晴らしいものを得られたなと思いました。今回のオリエンテーションで得られたものはやっぱり友達だと思います。すごいものを得られたなと思いました。やっぱり友達を作るということは、積極的に喋りかけてお互いを知ろうとしないと友達というのはできないなと学びました。これからいろいろな人と出会うと思いますが、一人一人を大切に積極的に喋りかけて、友達をどんどん増やしていきたいと思いました。

竹本 悠馬(1回生)

 オリエンテーションキャンプはすごくいい思い出になりました。朝早く起きて遅刻しないかなーと心配でしたが、無事間に合ってホッとしました。バーベキューはすごく美味しくてびっくりしました。チームビルディングが始まる前は何するのか、楽しくないんじゃないかと思っていました。でも始まってみると、チームワークの大事な遊びで、楽しくみんなで挑戦することができました。学生スタッフさんたちが考えてくれたゲームは難しくて答えられないような問題が沢山ありましたが、楽しく考えることができました。なので、全力で問題に取り組むことができました。また、こういう機会があれば他の人たちとも交流していきたいなと思いました。ゼミのみんなとも少しは仲良くなれたんじゃないかなーと思います。

竹谷 神(1回生)

 オリエンテーションキャンプに参加してまず思ったことは、僕らがみんなで楽しめるようにSAの先輩の人や先生方や色々な人達が真剣に考えた遊びや盛り上げてくれたり、気を使ってくれたことにありがたみをとても感じました。色々な人達が陰で頑張ってくれているんだろなと思い、少し尊敬しました。そのお陰もあって、僕らもみんな仲良くなれ、仲を深められたと思います。例えばバーベキューの時のコミュニケーション、誰かが焼くなど分担したり、そういうコミュニケーション能力は、これから社会に出ても絶対に使うと思うので、これからも伸ばしていきたいです。とにかく、これからもこのゼミでもっとみんなで仲良くワイワイしながらみんなで成長していきたいです。今回のオリエンテーションキャンプは、SAの人達や企画してくれた先輩先生達にとても感謝しています。一年後このゼミで良かったと思えるようになれたら嬉しいです。

田中 美穂(1回生)

 私は人見知りで、まだゼミの人ともあまり話せてなかったので、仲良くなれるかなと思い、今回のオリエンテーションキャンプに参加しました。最初、話せるのかなと思ってた人とも話せて、話してからじゃないと分からないことって沢山あるんだなと思いました。バーベキューでは、男の子たちが率先してやってくれて、私には慣れないことだったのでとても助かりました。チームビルディングでは、自分から動くことの大切さがよくわかりました。皆で協力しないと出来ないことをする時、かなり苦戦することもありましたが、力を合わせて頑張って、とても楽しかったです。ゼミの人達と仲良くなれたと思ったので参加してよかったです。学校企画プログラムではゼミ対抗で頑張りました。勝てなかったのは少し残念でしたが、自分から動かないと進まないことがあったので、自分の思っていることを主張したり、できる勇気を少し持つこともできました。こうやって、自分から動ける機会があって、とても良い経験ができました。