2018.4.27

ブラッスリー ブージュニアを対象にフィールドワーク

 阪南大学流通学部住木ゼミナール3回生の学生が、大阪市天王寺区にある「ブラッスリー ブージュニア」を対象にフィールドワークを行いました。学生は、複数のワインをテイスティングして、「おすすめワイン」として、「ローゼン “Dr. L” リースリング」を選択しました。
 その後、平原徳仁店長、ならびにスタッフの土井花夏さんに、ブラッスリー ブージュニアの概要とおすすめワインとなる「ローゼン “Dr. L” リースリング」についてお話を伺いました。
 学生は、(1)ブージュニアにおけるおすすめワインのPOP(購買時点)広告を作成する。ただし、マーケティング・マネジメントの枠組みを活用して説明することが可能な提案をすること。(2)ブージュニアにおけるウェブサイト、SNSの具体的な活用方法を提案する。ただし、どのような成果をあげることができるのか、ある程度検証されている提案をすること。という課題に取り組みます。

 フィールドワークの様子は、今回の産学連携教育プログラムを支援している一般社団法人日本ホスピタリティ教育研究所のウェブサイトに掲載されています。