2021.7.5

大島ゼミ「⾹港飲⾷店での日本食材を活かした新メニュー・新商品」中間報告

産学連携先:AP Company Hong Kong Co., Ltd

 流通学部の大島ゼミ3回生はキャリアゼミの活動として、グローバル研修プログラム「⾹港飲⾷店での日本食材を活かした新メニュー・新商品」に取り組んでいます。
 グローバル研修プログラムとは、「海外でのビジネス体験を目指す学生を対象として、業界知識、業界業務の習得を行い、限られた時間で自らの課題を設定し、実行していかに成果を出せるかに挑戦する事で、将来に役立つグローバル人材力を習得する」ことを目的とした大島ゼミのオリジナルプログラムです。
 今回のミッションは、香港最大のショッピングモール海港城(ハーバーシティ)に「塚田農場」を、中環(セントラル)にラーメン居酒屋「NOJO」を出店しているAP Company Hong Kong Co., Ltdと連携して、「日本食材を活かした新メニュー・新商品」の提案することです。COVID-19により香港での活動は叶いませんでしたが、Web会議ツールを活用してAP Company Hong Kongの釜谷様、e-Job Agencyの高橋様、プログラムコーディネーターと万浪様に向けてオンラインで中間報告を行いました。

学生活動状況報告

 今回の活動では、企業の現状分析や競合分析から新事業・新商品を提案し、ターゲットを選定、そこからどういう狙いや価格設定のもと企画を進めていくかなど、普段の大学生活では学べないとても実践的な学習をさせて頂いていると感じています。また、それぞれのグループの提案を聞いたことで、新しい視点や気付きを得ることができ、先生方からも貴重なアドバイスを頂くことが出来たため、今後もより良いものに仕上げていけるよう、頑張りたいと思います。
流通学部 3年生 中川 まなる


 私はいかにAP Companyの強みを活かすかを意識し、看板メニューである美人鍋をホットサンドスタイルで提供する企画を提案をしました。今回のプロジェクトでは新規性、独創性、市場性、実現可能性が重視されていることから、具材を選べるなどカスタマイゼーションを導入することで多様なニーズに対応できるように工夫し、釜谷様からは最も実現可能性が高いと評価していただきました。しかし、原価計算も含め収支計画は詳細を詰めきれていなかったため、最終報告までには事業性のある企画にしたいと思いました。
流通学部 3年生 河野 美由佳

参加学生一覧

鹿島 綾音、河野 美由佳、小林 みずき、淡 優太、中川 まなる、姫野 麗香、元木 優夏