2015.8.5

ファッションを主体としたSCの経営戦略を学ぶため大阪「ルクアイーレ」でフィールド・リサーチを実施しました

ファッションを主体としたSCの経営戦略を学ぶため大阪「ルクアイーレ」でフィールド・リサーチを実施しました

流通学部大村ゼミではファッションを主体としたSCの経営戦略を学ぶため4月にオープンした注目の「ルクアイーレ」でフィールド・リサーチを実施しました。
連携ゼミの平山&西口ゼミもオプション参加!

 7月29日(水)大村ゼミ2年次生のゼミ活動として、JR西日本SC開発(株)様のご協力によりJR大阪駅に隣接する本年4月に三越伊勢丹百貨店から業態転換した注目の「ルクアイーレ」で、連携ゼミの平山ゼミ、西口ゼミからのオプション参加7名が加わり、総勢24名フィールド・リサーチをおこないました。ゼミ生たちは、事前にルクアイーレの概要や下見をして臨みます。
 今回の目的は、ファッションを主体としたSC(ショッピングセンター)の経営戦略の実際を知ることにより、華やかな商業施設の裏側に存在する、綿密に計画され尽くした基本的コンセプトやマーケティング分析による顧客ターゲット、ブランドリーシング(店舗誘致)、集客戦略の決定方法を学ぶことです。
 先ず、従業員入退館口から入館し、会議室でスケジュール確認の後、早速従業員休憩室から見学開始です。ゆったりとした空間の休憩室にはコンビニがあり驚かされました。次に、毎日億単位の売上金が入金される売上管理室から、ルクアを運営するJR西日本SC開発(株)本社、各店舗の商品ストックヤード、地下にある商品物流の中核である大きな入荷場など丁寧な説明を受けながらリサーチしていきます。
その後、会議室に戻り営業統括グループリーダーである舟本 恵様(SC経営士)からルクアイーレの開発概要について講義が始まります。主な内容は次の通りです。(1)ルクアイーレのミッション、(2)マーケットの変化と顧客ニーズ、(3)SCと百貨店の融合、(3)ポジショニング分析、(4)顧客ターゲット分析からメインターゲットの決定、(5)コンセプトの決定、(6)MD戦略、(7)レイヤープランとルクアイーレの開発に関するすべての内容をレクチャーしていただきました。その後の活発な質疑応答を交えた真剣勝負の90分間から、ゼミ生たちは「誰に」「どのような価値を」「どのようにして提供するか」が根底にあることを学ぶことができました。ファッション業界をめざすゼミ生たちは、ファッション企業の重要な販売チャネルであるSCの裏側にある綿密な経営戦略を知ることは、就活でも大きな強みとなることは間違いないでしょう。今後ゼミ生たちの成長と近い将来ファッション業界で活躍することを考えると非常に楽しみです。
 ゼミ生には事前に今回の目的を明確にするために「神戸ファッション美術館編」として、(1)特別展について、①超絶刺繍の印象、②気に入ったデザインの作品を2点あげる、(2)常設展について、③各年代別のファッションを見て感じたこと、④中世から現在に至る時代別のお気に入りの作品名をあげる、(3)ライブラリーでは興味を持った書籍や雑誌を2冊選んで自分なりの解説をするという課題を与え、ゼミ生たちは真剣に向かい合ってくれました。
 これらの「見て、感じ、考える」という一連の学習からファッションに対する“新たな知識”が積み重なっていくことになります。その後は、恒例のイタリアンレストランで、連携ゼミの合同懇親会が始まります。各ゼミ長の挨拶からスタートし、美味しいバイキング料理がアッという間に消えていきます。4月にゼミ生となって、初めての顔合わせを兼ねた懇親会でしたが、各自の将来への目標が共通することから、和気あいあいとフレンドリーに話題が弾みます。やはり2年次生は、元気がイイですネ!今後のゼミ生たちの成長が楽しみになってきます。
  • 先ずは、スケジュールの説明からスタート!

  • 何とルクアイーレの休憩室にはコンビニが!

  • 運営会社のJR西日本SC開発(株)本社

  • 真剣に説明を聞くゼミ生たち

  • 毎日、億円単位のお金がここに入金されます

  • 商品物流の荷受け場で説明を受けて質問!

  • 真剣勝負のレクチャーです!

  • 質疑応答では、ゼミ生は積極的です! 舟本営業統括もタジタジ

  • ゼミ生のお疲れ様会での充実した笑顔がいいね!