2017.5.8

変化するファッションビジネスを知る!「ファッションビジネス実践」

変化するファッションビジネスを知る!「ファッションビジネス実践」

 流通学部 大村邦年教授が担当する総合講座「ファッションビジネス実践」は、日々進化するファッション業界の最新状況を具体的な事例をとおして学ぶことができます。現代社会では、ファッションは消費者ニーズの多様性により、衣・食・住という日常のライフスタイルを指すビジネスへと変貌を遂げています。本講座では、アパレル、オーガニックコスメ、フード、エンタテインメント、商業施設など多彩なファッションビジネスの第一線で活躍するトップ経営者および実務執行者7人を迎え、現場のリアルな内容を直接聞くことができる、実学的で特色ある科目です。毎回講義の後半部分は、受講生との質疑応答の時間をとるので、双方向の活発なディスカッションがおこなわれています。受講生は、流通学部の1年次〜4年次まで履修可能で、将来的にファッション業界に携わっていきたい学生が中心となっています。

学生の主な感想

①「これまで聞いたことないポジティブな考え方に共鳴し、ダメだと思っていた自分に自信が持てました。頑張ります」
②「講義を受けて、目からウロコが落ちました」
③「雲の上の人のような社長が阪南に来て講義をする。本当に阪南に来てよかったです」
④「成功の裏側には、緻密な経営戦略があり、働く人々がHappyであることの重要性、そして常に“非常識にこそチャンスあり!”という
  考え方を学びました」
⑤「日常的に買い物をする人気ファッションビルが、大学で学んでいるマーケティングや戦略によって、運営されていることを知り、
  もっと真剣に勉強しようと思いました」
⑥「自分と同じように大学時代の目標が定まらない不安感、何となくアパレル企業へ入社、数年後アパレル卸メーカーとして起業、
  厳しい商取引に苦しんだ末にSPA型製造小売業への業態転換、ブランドのネーミング秘話、他社との差別化とブランド力を
  高めるための様々な仕掛けなどの話しに感銘しました。自分にも必ず可能性があると勇気をいただきました」
⑦「講義を受けてファッションを一生の仕事にしようという目標がハッキリと見えました」

最後に「ファッションビジネスは人脈とそのネットワークが大切です。人脈は相手から信頼されることで作られ、信頼は誠実さ・約束を守ることから生まれる」とメッセージをつけ加えておきます。是非「阪南大学に入学してよかった!」を体験して下さい。

(文責 大村 邦年)

他大学では絶対にありえない、多彩な講師陣

  • (株)トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村 貞裕氏

  • (株)イング 創業者 青井 正人氏

  • (株)マッシュビューティラボ 代表取締役社長 椋林 裕貴氏

  • 神戸SC開発(株) 代表取締役社長 山田 宗司氏

  • JR西日本SC開発(株) 営業本部次長兼業態開発室長 舟本 恵氏

  • (株)ファーストリテイリング 商品本部MD部リーダー 中野 正海氏

  • Zaki inc.代表 水本 隆文氏