キャリゼミ2016中間報告 流通学部 堀込ゼミ 2年生

活動の目的及び取り組む課題

プロアマ問わず昨今スポーツと地域貢献は切り離せなくなってきておりそのマネジメントが重要視されている。がその一方、スポーツが地域にどの程度貢献出来ているのかが不明瞭な部分もありまだ注目度も低い。
スポーツをどのようにマネジメントし地域と密着し貢献しているのかを実際に地域で活動しているNPO法人やサッカークラブと連携することにより研究していくこととする。

活動内容

地域リーグに所属するサッカークラブと連携することによりいかに地域貢献を果たしているかを調査、研究。さらにはスポーツマネジメントに実績のあるNPO法人のイベント等に企画・参加することにより社会とのネットワークを構築する。さらにはそれらをまとめ各団体に企画提案まで行なうこととする。

【中間報告】代表学生から活動状況

8月7日から12日までの期間、「京の七夕」というイベントが京都の二条城近くの堀川通りで開催されました。そこで堀込ゼミは、アミティエSC京都というサッカーチクラブの地域活動のサポートとして、参加。来場された方に屋台で楽しんでもらい、アミティエSC京都を知ってもらうこと、応援してもらえるよう活動しました。この活動で学んだことは、まずお客様とのコミュニケーション力の重要さです。お子様からお年寄りの方まで立ち寄っていただいたため、いかに皆様に楽しんでいただくか、1人1人に合った対応が望ましいことに気づきました。そして、グッズ販売も行いましたが、アミティエの知名度が高くなく、あまり購入には繋がりませんでした。なぜ売れなかったのか、配置場所を変えたり、呼びかけ方を考え試行錯誤しました。
このようにグッズ販売など金銭が関わる事は、簡単で楽なことではないと痛感しました。それと同時に、応援してくださるありがたさが身に沁みました。これからも毎年アミティエがこのイベントに参加することで知名度も高くなると考えます。毎日与えられた課題に取り組み、改善することを通して、人を惹きつける接し方、そしてビジネスの厳しさを学びました。またこのような機会があれば、この経験を活かし、結果を出せるよう努めたいです。

流通学部2年 光山 遥香

参加学生一覧

竹本 颯、寺山 大海、長木 謙人、田島 聖也、田中 杏実、田宮 喜大、丸尾 哲生、丸岡 隼、丸崎 大地、光山 遙香、三好 眞之助、三輪 透威、村上 一輝、村坂 龍斗、森貞 將秀、吉村 直也

連携団体担当者からのコメント

アミティエ・スポーツクラブ京都 清野 暁氏

まずはお客様や企業様など外部の社会人、地域の方々との接点を作りそこでいかにコミュニケーションをとるか、自らそれを考えることを狙いとした。教室の中では決して学べないことをスポーツを通した活動であればゼミ生諸君も高いメチベーションで臨めたのではないだろうか。大学や教室の中では決して学べないことや体験できないことを実体験することにより、その体験を自分のものとして今後の大学生活や就職活動に活かし、よりよい人生を生きてもらいたいと願う。

活動日程

5月 サッカー地域リーグ試合視察
7月 関西スポーツネットワーク交流会参加
10月 NPO法人スポーツファンデーションへの企画提案
11月 アミティエ・スポーツクラブ京都への企画提案

関連ページ