安心感を与えられる、母親のような存在感のCAになりたいです。エアライン合格体験記 国際観光学部 森長 里紗さん

——— 非常に狭き門である航空業界への就職。
その夢を多角的にサポートする支援制度が阪南大学には整っています。
世界の空で活躍したい。そんな目標を抱くみなさんをしっかりサポートする阪南大学。
夢の翼を羽ばたかせた学生たちの体験を通して「エアラインへの道」をご紹介します。


CAという職業を知って、長身の自分を好きに。

森長 里紗 さん

Morinaga Risa

大阪府立長尾高校 出身

2011年4月
阪南大学 国際観光学部 入学
2014年10月
エバー航空に内定

背が高いことにコンプレックスを感じていたのですが、長身を生かせるCAという仕事を知り憧れるように。高校時代にさまざまな進路を検討し、多くのCAを輩出している阪南大学の国際観光学部で学びたいと進学を決意しました。

1年次でのTOEIC®スコアは310点でしたが、2年次には480点になり、阪南大学の留学提携先であるオーストラリアのフリンダース大学で5ヵ月間の語学留学をした後には705点に。留学中はそれほど頑張ったつもりはなく、ホストマザーやクラスメイトとコミュニケーションするうちに自然と英語力が向上した気がします。私にとって大きな収穫だったのは、物事に対する固定観念がなくなったこと。留学前は自分と違う考えの人を受け入れられない部分がありましたが、世界中から集まった学生と話すうちに、いろんな考えがあると認められるようになりました。CAは異なる国や文化を持つ方々に接客する仕事なので、柔軟な姿勢を持つことで人間的に成長できたと思います。

台湾のことをもっと知り、架け橋となれるCAに。

阪南大学エアラインスクールで同じ夢を持つ仲間と出会い、就職活動中も心強かったです。先生は親身だからこそ大変厳しく、自己PRについて「あなたの長所は本当に人の気持ちを察することなの?」「良いことを言おうとしているだけで、内容が薄い」と鋭い指摘を受けたことも。おかげで逆境に負けない前向きな姿勢が身につきました。不合格が続いても頭を切り換え、台湾のエバー航空の既卒の募集を見たときに新卒ながら挑戦しようと思い立ったのです。

この挑戦はうまく行きました。面接では冷静にふるまうことができ、機内アナウンスの朗読や英語面接といった日本の航空会社にはない審査にも合格。内定をいただくことができました。台湾は親日的な方が多いので、私も台湾と日本の架け橋となれるように、台湾のことを深く知ろうと思っています。

目標は、お母さんのようなCA。安全面をしっかりと担い、またお客様を見送りながら「良い旅を」と願うような、強さとやさしさを合わせ持つサービスを提供したいです。

航空業界への就職を叶えた学生への合格体験インタビュー