阪南大学創立50周年記念学術シンポジウム「世界遺産登録実現をサポートする民学産官連携事業の展開〜古市古墳群ナビゲーションシステム「みささぎナビ」の活用法〜」を開催します

2013.2.13

前のページに戻る

【社会連携・生涯学習】

阪南大学創立50周年記念学術シンポジウム「世界遺産登録実現をサポートする民学産官連携事業の展開〜古市古墳群ナビゲーションシステム「みささぎナビ」の活用法〜」を開催します

阪南大学創立50周年記念学術シンポジウム

 2012年3月に準備を始め8月1日に配信を開始した「みささぎナビ」は、百舌鳥古墳群とともに世界文化遺産への登録をめざす古市古墳群のナビゲーションシステムです。iPhoneやAndroidなどのGPS機能を使い、MAP上のバルーンで古墳や文化財、街やイベントの情報を手早くユーザーに伝えることができる便利な検索システムです。配信後も改良を重ね、防災情報やバリアフリー情報を充実させています。準備と運営は民学産官の連携組織が担い、総務省地域情報化アドバイザー高木治夫氏の指導のもと、羽曳野市観光協会が主体となり、フィールドミュージアムトーク史遊会・(株)アスウェル・(株)みのりの里・阪南大学などが情報提供を行っています。
 準備期間中から今日に至るまで、これらの団体が数々の協議を重ね、回を重ねるごとに民学産官の連携組織が拡充しつつあります。ユネスコが世界文化遺産を登録する際の選考基準では、遺産の価値に加えて、遺産の保全活動に対する取り組みと今後の展開が重視されます。遺産を守るのは市民の意識であり、意識を向上させるものは遺産への関心を高め、重要性を認識させる取り組みです。「みささぎナビ」の運営を通じて強化され拡大する地域ネットワークが百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進事業の一助になるという見通しのもと、その意義と展望を伝えるため、このたびシンポジウムを開催いたします。

日時

2013年2月26日(火) 13:00〜16:40

場所

阪南大学本キャンパスフロンティアホ−ル
近鉄南大阪線「河内天美」駅下車北へ徒歩6分
駐車場がございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
南キャンパスではありませんので、お間違えのないようにご注意ください。

プログラム

【基調講演】
■「民学産官連携による地域情報化の促進」              
総務省情報流通行政局地域通信振興課長 今川 拓郎氏

■「ICTをコアに民学産官連携で地域観光イノベーションを」
京都フラワーツーリズム合同会社プロデューサー 高木 治夫氏

■「みささぎナビの発足から展開へ」
株式会社アスウェル専務取締役 黒川 哲子氏

■「柏羽藤地域観光ボランティア団体の取り組み」
フィールドミュージアムトーク史遊会理事長 細見 克氏
藤井寺市観光ボランティアの会会長 小野 常芳氏
柏原の郷土史を探る会事務局長 桝谷 政則氏

【シンポジウム】
■シンポジウム:「世界遺産登録実現をサポートする民学産官連携事業の展開」
パネリスト
京都フラワーツーリズム合同会社プロデューサー 高木 治夫氏
株式会社アスウェル専務取締役 黒川 哲子氏
フィールドミュージアムトーク史遊会理事長 細見 克氏
藤井寺市観光ボランティアの会会長 小野 常芳氏
柏原の郷土史を探る会事務局長 桝谷 政則氏

コーディネーター
阪南大学国際観光学部教授 来村 多加史

対象

どなたでも参加できます。

参加費

無料

定員

300名

申込

不要

後援

総務省近畿総合通信局、羽曳野市、羽曳野市観光協会、百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議、松原市

協力

京都フラワーツーリズム推進協議会、株式会社アスウェル、株式会社みのりの里、NPO法人フィールドミュージアムトーク史遊会、藤井寺市観光ボランティアの会、柏原の郷土史を探る会
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス