2017年度研究倫理教育研修会を開催しました

2017.11.7

前のページに戻る

【学術情報】

2017年度研究倫理教育研修会を開催しました

 本学では、「研究活動における不正行為への対応に関するガイドライン」「阪南大学における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程」の定めにより、研究倫理に関する教育(研修)を2015年より毎年実施しています。全専任教員及び関連部局の事務職員を対象として3年に1回の参加が義務付けられています。
 2017年については、11月3日(金)12:20より本学50周年記念館3階A会議室において開催され、教員9名、事務職員5名の計14名が参加しました。井上博学長からの挨拶、その後研究倫理教育責任者の神尾登喜子副学長より、パワーポイント及び配付資料をもとにしての詳細な説明がありました。その後、理解度確認のためのチェックが行われました。
 本学では、このほか研究倫理教育への取り組みとして、全専任教員及び大学院生に対して「科学の健全な発展のためにー誠実な科学者の心得―」(日本学術振興会編集委員会編)を配布し、熟読を義務付け、図書館に研究倫理に関する書籍のコーナーを設置するなど研究倫理教育の徹底を図っています。

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス