阪南大学 学長日誌

大学の情報発信の一つとして、学内外における活動を学長自身がご紹介します。大学をとりまく諸課題やそれに対する学長の考えなどもお伝えできればと考えています。 どうぞよろしくお願いします。
新着記事
2016.12.12 「NHK大学セミナー」を本学50周年記念館記念ホールで開催しました。

平成28年11月28日(月)にNHK大阪放送局と阪南大学の共催で「NHK大学セミナー」を本学50周年記念館記念ホールで開催しました。

今回は平成28年NHK大河ドラマ「真田丸」制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサーをお迎えして、大河ドラマ制作に携わる方々の役割やドラマ制作の舞台裏のお話をしていただきました。

屋敷チーフプロデューサーは会場の学生に語りかけるように、時には会場に降りて質問されるなど、観衆参加型で進められ、学生も興味津々でその内容に聞き入っていました。

特に、第45回「築城」の回をスクリーンに投影しながら、一つのドラマを制作するにはとても多くの関係者が携わっており、緊張感を持って毎回臨んでいる。エキストラの方も真夜中からメイクを始め、早朝には準備を終えて、バスでロケ現場に入ることも含めて、普通の人が気づかない、専門家でないと気づかないような細部にこそ、真のプロとして工夫がなされており、それが作品の重厚さを生み出しているとのお話には、現場ならではの臨場感を感じることができ、華やかなドラマとは違う一面を見ました。

これまでも、「新選組!」「篤姫」など多くのドラマの制作に携わってこられた屋敷様ならではのお話は、本学のメディア専攻を履修している、あるいは今回興味を持って参加した考える学生たちにとって、ドラマ制作の仕事がこんなに多岐にわたること、熱意を込めるからこそ、感動できる作品が完成することを、イメージだけでなく、理解できた1時間だったかと思います。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス