経済学部 准教授 西洋先生が経済理論学会奨励賞を受賞されました!

2013.10.14

前のページに戻る

【経済学部 経済学科】

経済学部 准教授 西洋先生が経済理論学会奨励賞を受賞されました!

 2013年10月5・6日に専修大学生田キャンパスで開催された、経済理論学会第61回全国大会において、本学経済学部准教授西洋先生が「経済理論学会奨励賞」を受賞されました。
 この学会は経済学領域のみならず、社会学、政治学の領域などをも踏まえて学際的な経済学研究を行う、日本の代表的な社会科学者が参加している、伝統ある学会です。
 この学会では、若手研究者(40歳以下)の優れた研究業績に対して、その功績をたたえると共に今後の研究の励みとなるよう、毎年この時期に「奨励賞」を授与しています。その受賞は、対象となる研究者の公刊された論文および著書を慎重かつ公正な審査を介して決定されるもので、内外からも極めて高い評価を受けています。またこの賞を受賞した研究者は、その後必ずと言っていいほど、その研究領域における第一人者となっており、その意味で、本賞の受賞は一流研究者への登竜門とさえいえるものです。
 本年度は、西先生ともう一人の方が受賞されました。授与式は同学会の総会において、八木紀一郎代表幹事によって挙行されました。
西先生の受賞理由は、「日本においていまだ検討されたことのない経済学的手法を駆使して、1980年代以降の日本経済がどのような経済成長を経験したのかをきわめて明瞭に明らかにしたこと、そしてその研究水準が著しく高いこと」です。
 西先生は、その授賞式において、これまで指導くださった先生方に感謝の言葉を述べつつ、この受賞を一つの契機として、さらなる学問研究に精進されることを改めて誓っておられました。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス