航空業界対策講座(エアラインスクール)

エアラインスクールでは、航空業界への就職に実績のある講師陣が、就職に必要な知識や採用状況に応じた個別フォローなど、きめ細かな指導で、キャビンアテンダントやグランドスタッフになる夢の実現を目指します。

航空業界実績について

阪南大学エアラインスクールを受講し、「夢」を叶えた学生達をご紹介いたします。

エアラインスクール合格者インタビュー

あこがれの客室乗務員になった卒業生の合格体験談をご覧ください。

エアラインスクールの特徴(3年生対象)

1.エアライン業界への就職を目指し、順序立てて基礎から学び確実にステップアップして、エアライン受験に必要な要素を身につけます。

2.また、エアライン系授業科目(1年・2年・3年)と連携することで、低学年時に仕事に必要な資質と能力を伸ばす基礎固めを行うこともできます。

3.エアラインスクールは就職活動に必要な時期(3年・4年)に講座設定しているため、習得したことを確実にリアルタイムに活かせます。

4.講師陣は客室乗務員OG・OBが担当しますので、最新のエアライン業界の情報を講座内容に反映しています。

5.エアラインスクールは有料ですが、個人で他の専門学校へ通うよりも低額料金で受講できます。

これら、エアライン講座を活用して、ぜひ、夢の実現を目指してください。


エアラインスクール(3年・4年)
航空会社へ就職するための就職試験対策講座
+
エアライン系授業科目(1年・2年・3年)※    
仕事に必要な資質、能力の基礎固めの授業

※エアライン系授業科目は各学部の履修方法に従い、全学生が受講することができます。

エアラインスクールの内容紹介

航空会社へ就職を目指す就職試験対策の有料講座です。航空会社への応募書類の書き方、面接対策等を実践的に学びます。

対象   3年
開講期間 3年/後期から4年/6月
時間   放課後(17:30から19:00)
受講料  83,000円(2015年度)

講義内容




1コースガイダンス・就職活動の心構え
立居振舞実践・入退室・面接マナーと敬語
応募書類のポイント
効果的な学習方法、エアライン受験の詳細・準備・心構えについて。さらに、企業担当者より「採用したい」と思って頂ける応募書類の要点とイメージ作りを学びます。面接の基本である洗練された入退室を実践から体得し、社会人としての自覚・マナー身だしなみ、敬語の基礎を身に付けます。
2スピーチレッスン
現役アナウンサーによるレッスン。
面接に欠かせない表現力とスピーチ力を発声から学び、伝え方のポイント、印象力について指導します。
3面接対策・基礎(受け答えのポイント)
 - 性格(長所と短所)
アピール力のある表現とは。
「性格」をテーマに自己分析と同時に自己を効果的にアピールするポイントを学びます。前回に学んだスピーチを実践し、伝え方を学びます。
4メイクアップレッスン
健康的で清潔感のある洗練された好印象のメイクアップを実践します。
5面接演習 〜習熟度チェック①〜 ビデオ撮影
自分の印象を客観的に観察し、癖や弱点を知ることで今後の修正ポイントを明確にする。


6面接対策
 - 学生生活(ゼミ活動・課外活動 等)
 - 学業以外の経験(アルバイト・ボランティア活動 等)
学生生活の内容は最重要ポイントです。企業が求める即戦力、社会人基礎力をアピールする自己の持つ力が人財として伝わる魅力的な内容へと導きます。
学業以外の経験では、人々に直接接して、実践的に学んだことを結果だけでなくプロセスに焦点を置き自分の言葉で表現できるように導きます。社会の厳しさや人との触れ合い等、初めて感じた感情や心が動いた経験など、細部にわたり経験を振り返りアピールにつなげます。
7面接対策
 - FA & GHの仕事(仕事理解・役割・求められる素養 等)
 - 役割・求められる素養
 - 海外経験
仕事の理解を深め、自分にとっての価値意識、自分をどう生かせるか具体的に分析し、仕事に対する意欲・貢献度のアピールへとつなげます。
8面接対策 - 海外経験
海外経験をどのように今の自分に生かしているか、今後挑もうとしているステージに結び付け具体化します。経験を一度棚卸して整理し、インパクトのあるアピールに昇華させます。
9面接対策 - 自己PR
自己PRは最重要ポイント。興味を持たれるかどうかの要となります。アピールポイントを明確にし、骨組みを作ります。各自のスピーチ内容の添削、分析、掘り起こしから、魅力的な内容の完成形へと導きます。
10面接演習 〜習熟度チェック②〜
これまでのレッスンの習熟度をチェックし、今後の課題設定をします。


11JAL対策と志望動機
 - 企業研究 求められる素養と受験対策
企業を知り、求める人材をよく知ることで絞り込んだ受験対策につなげ、アプローチポイントを探ります。
JALに対しての絞り込んだ志望動機を作成します。会社概要を理解した上で、自分の売りをマッチングさせ、説得力のある熱意が伝わる動機につなげます。
12ANA対策と志望動機
 - 企業研究 求められる素養と受験対策
企業を知り、求める人材をよく知ることで絞り込んだ受験対策につなげ、アプローチポイントを探ります。
ANAに対しての絞り込んだ志望動機を作成します。会社概要を理解した上で、自分の売りをマッチングさせ、説得力のある熱意が伝わる動機につなげます。
13JAL面接対策
過去の面接傾向と内容から実践的な面接対策を行い、応用力のある実践的な力を養います。仕事観、価値観を問うものや対人関係等幅広く対策を行います。
14ANA面接対策
過去の面接傾向と内容から実践的な面接対策を行い、応用力のある実践的な力を養います。仕事観、価値観を問うものや対人関係等幅広く対策を行います。
15面接演習 〜習熟度チェック③〜 *ビデオ撮影
これまでのレッスンの習熟度をチェックし、今後の課題設定をします。


16グループディスカッション 基礎
チームの中でどのようなポジションで仕事が出来るのか、そして周りの人達とどのような関わりをしていけるのかをチェックされます。
ポイントと注意事項を学び、周囲とのバランスを踏まえたディスカッションスキルの基礎を体得します。
17英語面接演習 ①
英語面接の流れを把握し、入退室の方法、フォーマルな言葉遣いと英語面接における表現を広げ、語学向上と応用力を目指します。
18グループディスカッション 応用
「グループディスカッション 基礎」で学んだことを応用させ、さらに柔軟性の高いグループにおけるコミュニケーション能力、技能を習得します。
19英語面接演習 ②
「英語面接演習 基礎」で学んだ基礎的な表現をさらに項目ごとに発展させ、フォーマルな言葉遣いと英語面接における表現を広げ、語学向上と応用力を目指します。
20面接演習 〜習熟度チェック④〜 *ビデオ撮影
これまでのレッスンの習熟度をチェックし、今後の課題設定をします。


21英語グループディスカッション 基礎
英語グループディスカッションの流れとポイントを知り、基礎的なフレーズを学び、演習を通して快活な議論を交わすプレゼンテーション能力を学びます。
22英語グループディスカッション 応用
「英語グループディスカッション 基礎」で学んだ内容を応用させ、さらに柔軟性の高いグループにおけるコミュニケーション能力、技能を習得します。
23面接対策 - 応用問題①
あらゆる航空会社の過去問から様々な質問に対する応用力を磨きます。面接対応力についても最終的なチェックを加え、さらなる弱点強化をめざします。
24面接対策 - 応用問題②
あらゆる航空会社の過去問から様々な質問に対する応用力を磨きます。面接対応力についても最終的なチェックを加え、さらなる弱点強化をめざします。
25面接演習 〜習熟度チェック⑤〜 *ビデオ撮影
これまでのレッスンの習熟度をチェックし、最終段階の完成を目指し課題設定をします。


26面接演習(日本語)
これまでの対策・演習を振り返り、習熟度を向上させ、定着させます。
27面接演習(英語)
これまでの対策・演習を振り返り、習熟度を向上させ、定着させます。
28面接演習(日本語)
総合評価。
面接に臨む全体像についての最終確認をします。
計 28単位

エアライン系授業科目(1年・2年・3年)

エアライン業界への就職を目指す授業科目です。

【キャリア演習(キャビンアテンダントプログラム)1a】
対象1年
開講期間1年/前期
授業内容
航空業界への興味を具体化し、社会人基礎力の基盤を作り、人間性の向上と自発的な実行力を高める。マナーと振る舞いを意識し、実践することから、心身ともに律する姿勢を身に付け、自分への関心、周囲への関心を豊かにする。グループワークの中から、協調性、コミュニケーション能力、貢献意欲を養う。
【キャリア演習(キャビンアテンダントプログラム)1b】
対象1年
開講期間1年/後期
授業内容
航空業界の基礎知識を実際の接客の目線、顧客の目線からスポット的に追及し、知識を具体化させる。実践的な演習から、責任感や問題意識を実感させると同時に、個々にパーソナルスキルを意識させ、将来の目標につなげる。
【資格対策講座(キャビンアテンダントプログラム)1】
対象2年
開講期間2年/前期
授業内容
航空会社の現状を知り、そこから社会を知り、立体的なものの見方を習得する。プレゼンテーション、ディベートを組み込み、構成力、表現力を互いに刺激し合い、コミュニケーション能力を磨く。
【資格対策講座(キャビンアテンダントプログラム)2】
対象2年
開講期間2年/後期
授業内容
さらにプレゼンテーション力を磨き、構成力、語彙力、表現力を向上させる。一方的に発するだけでなく、受ける側への印象にも意識を置き、アピール性の向上に力を入れる。
【特殊講義(キャビンアテンダントプログラム)A】
対象3年
開講期間3年/前期
授業内容
就職活動を控え、心構えと実践的な基礎スキルを習得する。
「考える」「書く」「話す」のステップの中で、通るエントリーシート・受かる面接の基礎力を育成する。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス