国際観光学部

学部の特徴

国内外の観光の現場で学び、観光立国・日本の将来を担うエキスパートを育成する。

地域社会に貢献できる実行力を身につけるため、観光文化・観光計画・観光事業の3つの教育研究領域から国際観光学を学びます。国際観光の過去・現在を知り、未来を考えることで、多面性を持つ国際観光学を追究します。

観光文化
各地域の「文化」について学び、それらを多面的に活用する方法を考える。

観光計画
地域の人々と密接にかかわり、その地域を活性化する方法を考え実践する。

観光事業
観光関連産業についての専門的な知識を身につけ、その未来を考察する。

学部がめざす実学教育

産・官・民と連携した実践型カリキュラムで、“生きた国際観光学”を学ぶ。

国際観光の将来性にいち早く着目した本学では、1997年に西日本の4年制大学で初めて国際観光学科を設置。2010年に学部へと昇格させ、観光立国・日本の将来を担う人材を数多く輩出してきました。産・官・民と連携した実践型カリキュラムが特色で、実際に現地に出向き、観光の最前線で汗を流すプロフェッショナルたちとの共同作業を行うことで、“生きた国際観光学”を学習。また観光を通した国際理解に向けた語学教育にも力を入れ、「使える語学」を重視した体系的プログラムを用意しています。

学びの特色

POINT1 語学力を徹底的に磨く
習熟度別クラスによる徹底的な指導で、コミュニケーションの手段としての語学力を確実に身につける。

POINT2 少人数制教育の実践
1年次から少人数ゼミがスタート。国際観光学部が重視する3つの教育研究領域を軸に、段階的かつ体系的に国際観光学を学んでいく。

POINT3 地域・企業と連携し現場で学ぶ
現場で観光を学ぶためのフィールドワーク、イベントの企画・参加、地域振興の調査・協力など、地域や企業と連携した実習が多数開講。

取得可能な資格

【大学の教職・司書・学芸員課程において単位修得後、資格取得】
高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)/司書/司書教諭/学芸員

【学内資格取得講座にて取得可能】
旅行業務取扱管理者(総合・国内)/TOEIC®/サービス接遇検定準1級・2級/販売士検定2級・3級/ファイリングデザイナー検定2級・3級/秘書技能検定準1級・2級/ビジネス能力検定ジョブパス2級・3級/マイクロソフトオフィススペシャリスト試験/色彩検定®2級・3級 ほか

就職内定先(過去3ヵ年)

エミレーツ航空、全日本空輸、日本航空、チャイナエアライン、JALスカイ、ANA大阪空港、ジャルエクスプレス、ANAエアポートサービス、JTB西日本、エイチ・アイ・エス、農協観光、東武トラベル、フジ・トラベル・サービス、JTBコーポレートセールス、三洋航空サービス、近畿日本ツーリスト個人旅行、JTB関西、森ビルホスピタリティコーポレーション、ハートンホテルサービス、スターゲイトホテル、アゴーラ・ホテルマネジメント堺、スーパーホテル、ホテルマネージメントインターナショナル、星野リゾート、日本都市ホテル開発、ルートイングループ、テイクアンドギヴ・ニーズ、堺観光コンベンション協会、藤田観光、大阪モノレールサービス、三菱東京UFJ銀行、池田泉州銀行、京都銀行、香川銀行、但馬銀行、ジャックス、住友生命保険相互会社、野村證券、内藤証券、三幸グループ、ピーアンドピー、太陽建機レンタル、イズミヤカード、ユー・エス・ジェイ、BCホールディングス、日本郵便、ダイヤモンドソサエティ、ソフトバンクモバイル、兼松コミュニケーションズ、コスモス薬品、プリモ・ジャパン、タリーズコーヒージャパン、パル、ユナイテッドアローズ、アダストリアホールディングス、サマンサタバサジャパンリミテッド、ジュングループ、アイア、かねまつ、イーグルリテイリング、セブン-イレブン・ジャパン、ジェイアール東海パッセンジャーズ、イオンリテール、加賀電子、オンワード樫山、日本ロレアル ほか多数
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス