国際コミュニケーション学部

学部の特徴

徹底した語学教育を軸に、4つの分野で専門性を高め、国際社会で活躍するためのコミュニケーション能力を身につける。

国際関係
国家や地域の政治や経済を学び、相互関係の問題について学習する。

国際文化
人々のくらしや歴史、芸術、宗教などを学び、幅広い知識を修得する。

メディア
メディアに関する知識を学び、コミュニケーション能力を育む。

心理学
人間の心理や心のメカニズムについて理解する。

学部がめざす実学教育

“国際的なビジネスパーソン”をめざして、コミュニケーションの本質を体験から学ぶ。

『異文化間の相互理解を深める−コミュニケーションの本質』
『使える語学教育を行う−コミュニケーションの手段』
『国際社会で活躍できる人材育成をする−コミュニケーションの実践』

この3つを修得するために、国内外のコミュニティや企業と連携した実践の場を多数用意しています。さまざまな体験を通して“知識を知恵に変える力”を身につけ、グローバル社会に対応できる“たくましい人間力”を養い、国際的なビジネスパーソンを育成しています。

学びの特色

POINT1 語学力の徹底養成
全クラス20名以下の少人数クラス編成で英語、中国語を修得し、グローバル社会で活躍するコミュニケーション能力を身につける。

POINT2 専門性を深める学習環境
2年次から専門分野を少人数ゼミで学び、段階的に知識を深め、3・4年次の専門ゼミで実践力を高める。

POINT3 多様な学び
国際的な視点を持ち、国際関係・文化からメディア・心理学までの領域を段階的かつ多角的に学ぶ。

取得可能な資格

【大学の教職・司書・学芸員課程において単位修得後、資格取得】
高等学校教諭一種免許状(英語)/司書/司書教諭/学芸員

【学内資格取得講座にて取得可能】
TOEIC®/旅行業務取扱管理者(総合・国内)/販売士検定2級・3級/ファイリングデザイナー検定2級・3級/秘書技能検定準1級・2級/サービス接遇検定準1級・2級/マイクロソフトオフィススペシャリスト試験/色彩検定®2級・3級/ビジネス能力検定ジョブパス2級・3級 ほか

就職内定先(過去3ヵ年)

ジェイエア、大韓航空、ANAエアポートサービス、池田泉州銀行、紀陽銀行、イオン銀行、京都銀行、大阪シティ信用金庫、上越信用金庫、いちよし証券、日本生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社、住友生命保険相互会社、三井生命保険、北陸労働金庫、鴻池組、レオパレス21、UCC上島珈琲、自重堂、アルビオン、P&Gマックスファクター合同会社、ファミリーイナダ、ホーチキ、コンビ、福山通運、間口グループ、ニッセン、オンワード樫山、ジャヴァグループ、サンコーインダストリー、大塚商会、アップルジャパン、日本アルコン、ライフコーポレーション、光洋、青山商事、エービーシー・マート、パル、ユナイテッドアローズ、サマンサタバサジャパンリミテッド、ジュングループ、クロックス・ジャパン合同会社、魚国総本社、ガリバーインターナショナル、ハナテン、大阪ダイハツ販売、ネッツトヨタ南海、トヨタカローラ新大阪、いすゞ自動車近畿、エディオン、スギ薬局、アルペン、三城ホールディングス、ベリテ、クオール、メガネトップ、マイナビ、アイエスエフネット、兼松コミュニケーションズ、パイオン、USEN、ジェイアール西日本コミュニケーションズ、城北宣広、エイチ・アイ・エス、トップツアー、三洋航空サービス、帝国ホテル、裕進観光京都全日空ホテル、ハートンホテルサービス、医療法人医仁会藤本病院、アルインコ、パソナ、クリーク・アンド・リバー社、大阪府警察本部、奈良県警察本部、和歌山県警察本部 ほか多数
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス