渡辺 和之

国際観光学部 国際観光学科

渡辺 和之
(ワタナベ カズユキ)

[職名] 准教授
[出身地] 埼玉県川越市
[出身校]
総合研究大学院大学
博士課程 単位取得退学
[学位] 博士(文学)
[担当科目]
文化人類学、観光と異文化理解、観光文化学、観光と芸術、異文化コミュニケーション論、比較文化論
[研究テーマ]
・山岳地域における資源利用と社会変化
・牧畜社会の変化
[主要業績]
  • 渡辺和之2009『羊飼いの民族誌:ネパール移牧社会における資源利用と社会関係』明石書店
  • 渡辺和之2014「移動のタイプとその変化:東ネパールの事例から」宮本真二・野中健一(編)『自然と人間の環境史』(ネイチャー・アンド・ソサイエティー研究第1巻)海青社。117-149頁
  • 渡辺和之2015「マオイストの犠牲者問題:東ネパール・オカルドゥンガ郡の事例から」南真木人・石井溥(編)『現代ネパールの政治と社会』明石書店。91-134頁

メッセージ

山登りをするため、山に住む人々の研究をしてきました(不純な動機ですいません)。これまで研究してこれたのは、好きなことを続けたからだと思います。これからは山の観光に尽力するために、山の魅力を伝えてゆくつもりです。学生のみなさんも、大学にいる間に、好きなことを追求して、自分を伸ばして下さい。