経済学部 経済学科

石井 光子
(イシイ ミツコ)

[職名] 教授
[出身地] 難波
[出身校]
神戸大学大学院文化学研究科博士課程
[担当科目]
英語1、 英語圏文化a・b
[研究テーマ]
ハーマン・メルヴィル及び作品の背景となる19世紀のアメリカ合衆国の歴史
[主要業績]

  • 「『ギー』:メルヴィルの民族誌学」『阪南論集 人文・自然科学編』第27巻第3号,1992年1月
  • 「旅行記−文学の世界の旅行者」別府恵子編著『イーディス・ウォートンの世界』鷹書房弓プレス,1997年

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

ReaD & Researchmap

「使い物になる英語」を試してみませんか?

 経済学部では、外国語は必修科目です。で、英語を選択すると、まず、一回生の間に、英語1と英語2を履修します。
英語1と2は、各々、週に一度の授業で、同じ教科書を用います。英語1では、日本人講師が、発音・聴き取りのコツや、発話のための文法の解説を行います。
そして、共通教科書を用いて、英語2では、外国人講師が英語で授業を行います。つまり、英語1と2が、相互乗り入れするかたちで、同一の内容を、日本語と英語で重ねて学習し、理解を進めるのです。基礎的な語彙・文型の確認を進めながら、実際に聴き取り、自ら話せる英語を目指します。
さらに、実践的な英語対応能力を身に付けたければ、二回生になってから、英語3と4とを履修出来ます。英語3では、TOEIC(R)英語検定の受験対策を行います。英語4では、大人らしい会話や議論の練習をします。
実践的な英語は、もう充分という場合には、英語圏文化論という講義科目を選択し、英語圏の文化・歴史・政治・経済など、言語理解の背景に関する理解を深めることも出来ます。

大阪生まれ・大阪育ちです

 実家は地下鉄御堂筋線の難波駅から徒歩6分でしたし、その後も、千日前線西長堀、再び、御堂筋線西田辺が最寄り駅です。基本的に地下鉄の無い街では困るのです。日本で自動車を運転したことはありません。
 アメリカでも、South Hadley, Massachusettsの女子大の寮とNew Haven, Connecticutの大学所有だったアパートに各々1年ほど住んだだけですから、いわゆるNew England地域とManhattanしか知りません。日本の田舎も、アメリカの大平原も知らないのです。オーストラリアにも行ったことがありません。でも、留学相談にはのれます。

小説が好きです。

 メルヴィルの小説を重ねて読んでいますが、何でも読みます。歴史も好きなので、色々と読んでいます。昨今は、経済が動かす歴史もおもしろいので、少しだけですが、経済の専門用語も分かるようになってきました。リーマン・ショックの後、大恐慌を食い止められなかった4人の銀行家に関する Lords of Finance: The Bankers who Broke the World を読んでみましたが、結構、楽しめました。ハーマン・メルヴィルは、日本では『白鯨』くらいしか知られていませんが、彼の作品に関する評論をいくつか書きました。他には、ミシェル・ファイファー主演の『エイジ オヴ イノセンス』と言う映画がありましたが、あの原作者であるイーディス・ウォートンに関する文章なども書いたことがあります。

英会話ラウンジ「Global Space」 があります。とにかく、声に出して言ってみれば、通じるのか、通じないのか、ハッキリします。

阪南大学では、空いた時間に、いつでも英会話の練習が出来ます。むろん、無料です。授業科目ではないので成績は付けられません。朝の10時から、外国人の英会話教員が英会話ラウンジ「Global Space」 にいて、話し相手になってくれます。正規の授業だけでは練習不足と思うなら、教科書を持ち込んで、予習・復習・練習のための家庭教師がいるわけです。少し、怖じ気づくようなら、友達を誘って行けば大丈夫ですし、ヤル気があれば、英会話の個人授業が受けられます。阪南大学の学生であれば、町中や駅前の英会話学校に通う必要はありません。
 阪南大学は、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダ(50音順)のアチコチの大学と協定を結んでいます。海外の協定校に籍を置いて、1年間の留学を経て、4年間で卒業する制度もあります。
ゆっくりと、自分を育てていけるなら、休学して留学すれば、卒業までに5年かかりますが、海外の協定校に籍を置いて、異文化体験を続けながら、阪南大学の学生として、国際交流課が対応します