国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科

SHEEHAN,Mark Daniel
(シーハンマークダニエル)

[職名] 教授
[出身地] アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
[出身校]
米国マサチューセッツ州立大学 英文学修士課程修了
[担当科目]
英会話1〜4
[担当クラブ]
空手道部顧問
[研究テーマ]
第二言語のリーディングとライティング;英文学;コンピュータ支援言語学習、コラボレイティブ・ラーニング、英語科英語模擬国連
[主要業績]

  • Sheehan, M.D. (2015). Increasing Motivation and Building Bridges to Content with Graded Readers (Chapter 18). In Teranishi, M., Saito,Y., & Wales, K. (Eds), Literature and Language Learning in the EFL Classroom (pp. 280-297). (ISBN: 978-1-137-44365-6), Palgrave Macmillan.
  • Sheehan, M. D., Thorpe, T., & Dunn, R. (2015). Creativity and Collaboration: Using CALL to Facilitate International Collaboration for Online Journalism at a Model United Nations Event. In F. Helm, L. Bradley, M. Guarda, & S. Thouësny (Eds), Critical CALL – Proceedings of the 2015 EUROCALL Conference, Padova, Italy (pp.1-5). Dublin: Research-publishing.net.
  • Sheehan, M.D., Thorpe, T., Dunn, R. & Sarich, E. (2015). Problem Solving and Community Engagement at a University Student Conference. JALT PanSIG 2015 Conference Proceedings. JALT Publications (全国語学教育学会).

メッセージ

 教育を受けられるということは決して当たり前のことではない。もし、そういうチャンスがあるなら最大限に利用するべきだ。大学生活を無駄にせず、大いに学び、素晴らしい人間になって欲しい。不可能なことなど無い。アリストテレスが言うように、「人は物事を繰り返す存在である。従って、優秀さとは行動によって得られる物ではない。習慣になっていなければならないのだ。」ということを忘れなければ。