流通学部 流通学科

鶴嶋 鉄
(ツルシマ テツ)

[職名] 教授
[出身地] 大阪府
[出身校]
香川大学大学院農学研究科修士課程 農学博士(京都大学)
[担当科目]
生命科学a
生命科学b
[担当クラブ]
トランポリン部顧問
[研究テーマ]
環境ストレスと生物
[主要業績]

  • Pathogenicity-Related Compounds Produced by Blast Fungi,"Advances in Genetics,Genomics and Control of Rice Blast Disease,"eds.Wang GL and Valent B,Springer,New York,pp.247-256(2009).
  • Induction of Chlorosis,ROS Generation and Cell Death by a Toxin Isolated from Pyricularia grisea,Biosci.Biotechnol.Biochem.74.
    2220-2225.(2010).

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

ReaD & Researchmap

メッセージ

大学で、身につけて欲しいことは、自分の意見をはっきり述べることです。日本の高校までの教育における一番の欠点は、学生に受動的な学習スタイルを強要していることです。アメリカなどでは、高校までの教育においても、意見を発表する授業が数多く準備されています。だから、討論においては、多くの学生が手を挙げて発言しますが、日本では黙ってしまうことが多いのです。意見を述べる訓練は、ゼミなどで試みられている場合もありますが、あらゆる場を利用することです。授業、クラブのミーティングやアルバイト先で意見を求められたら、積極的に発言していくことで少しは改善できると思います。大学4年間で、自分自身をみつめ、新たな自己形成を目指して下さい。
学生時代の課外活動歴:吹奏楽部 
趣味:美術館巡り、映画鑑賞、ゴルフ