流通学部 流通学科

PARSONS,Martin
(パーソンズ マーティン)

[職名] 准教授
[出身地] オーストラリアのメルボルン市
[出身校]
ラ・トローブ大学
[担当科目]
英語II、総合講座(流通英語)
[研究テーマ]
内容言語統合学習
[主要業績]

  • 「日本の小学校にCLIL学習法を導入す
    るにあたって」『阪南論集 人文・自然科学編』
    第48巻第2号,2013年3月
  • Towards Understanding the Issues Concerning the Adoption of CLIL
    Approaches to English Language
    Teaching and Learning in Japanese Universities
    『阪南論集 人文・自然科学編』第49巻第2号,2014年3月
  • Issues Related to the Adoption of CLIL in Japanese
    Universities, THINK CLIL 2014, 9th International
    Conference, Ca’ Foscari University of Venice, 28-30
    August 2014

メッセージ

 The time you spend in university is a time to be treasured. When you enter university, the law says you are children. But, by the time you leave you will be adults. These are the days you will make some of your longest and strongest friendships. These are the days you will learn the skills you will use in your career. Use these days well. Learn and grow. And enjoy yourselves!

 パーソンズ・マーティンは英語を教える流通学部の准教授だ。オーストラリア修身で、メルボルン市のラ・トローブ大学で英文学勉強した。特にJoseph ConradとThomas Hardyに興味を持っていた。Conradはポーランド人なのに、英文学の巨人になった。実は、英語はポーランド語、フランス語のあとConradの3番目の言語だった。これ考えて、私たちの皆が大人になっても外国語をペラペラになることができるだろう!
 パーソンズ先生は高校の卒業と大学の入学の間、公務員、そしてコンピューター産業で働いて、世界のいくつかの国に旅行した。イギリスのSheffield UniversityからJapanese Studiesに修士学位とスペインのUniversity of the Basque CountryにEuropean Masters in Multilingualism and Educationに修士学位を持っている。