流通学部 流通学科

大村 邦年
(オオムラ クニトシ)

[職名] 教授
[出身地] 兵庫県
[出身校]
神戸商科大学大学院経営学研究科修士課程
神戸大学大学院経営学研究科博士課程
[担当科目]
ファッションビジネス、ファッションマーケティング
[研究テーマ]
・ファッションブランド構築に関する研究
・ファッションアパレル企業の事業戦略に関する研究
[主要業績]


  • 『新時代マーケティングへの挑戦−理論と実践』共著、六甲出版販売、2011年
  • 「ファストファッションにおける競争優位のメカニズム−INDITEX社ZARAの事例を中心に−」『阪南論集 社会科学編』第47巻第2号、2012年3月
  • 「アパレル企業の多角化戦略とその本質」『阪南論集 社会科学編』第50巻第1号、2014年10月

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

ReaD & Researchmap

メッセージ

 私はこれまで多くの「人生の達人」「仕事の達人」と知りあってきました。また、大学の講義にも日本のファッションビジネスを動かす「旬の人」をゲストに迎えています。彼らには必ずといっていい、共通したフレーズがあります。それは、 “何事も一人ではできない。価値観の共有できる友人、それが発展して人脈があること”です。互いの価値観があい、互いを認め思いやり、切磋琢磨出来る、心から信頼出来る友人。大学生活では、学びはもちろんですが、積極的に友人を創る ことも重要です。将来、必ずネットワークとなり人脈へと繋がっていきます。

ルクア全館での企業見学会を実施

2015年7月29日(水)、流通学部の大村研究室がJR大阪駅に隣接するルクア大阪でインサイト・フィールド・リサーチを実施しました。
ルクア大阪は、2011年5月にオープンした「ルクア(東館)」と、2015年4月に三越伊勢丹から生まれ変わってオープンした「ルクアイーレ(西館)」の両館からなる人気の商業施設です。駅型としては国内最大級の規模を持つ最新の商業施設についてリサーチできるとあり、集まった学生の表情は熱意に満ちていました。

平山ゼミ&大村ゼミ&西口ゼミ「ジーンズの聖地 児島フィールド・リサーチ」編

 現在、ポール・スミスやアルマーニなど世界の有名高級ファッションブランドに加えて、国内セレクトショップBEAMSなど数多くの委託生産(OEM)を手掛けている岡山県倉敷市児島。
 平山&大村&西口合同ゼミでは、現地まで足を運び生産現場からファッションビジネスを学びます。

大村・西口研究室 ジャヴァグループ本社での企業見学会を実施

 ファッションビジネスに挑む、流通学部 平山弘(ひらやま ひろし)研究室・大村邦年(おおむら くにとし)研究室・西口真也(にしぐち しんや)研究室の連携ゼミ。
 今回は大村ゼミの2年生と、西口ゼミの2年生のうちファッションについて学ぶ選抜メンバーがオプション参加。ファッション都市神戸を代表する企業であるジャヴァグループのインサイト・フィールド・リサーチを行った。

実学シリーズ2014 3ゼミ連携で、神戸ファッション美術館を見学

キャリアゼミとしてファッションビジネスに挑む、流通学部平山弘(ひらやまひろし)研究室と大村邦年(おおむらくにとし)研究室の合同ゼミに、2014年度から西口真也(にしぐちしんや)研究室が新たに加わり連携ゼミとなった。インサイト・フィールド・リサーチによって、ファッションを体感しながら学ぶのがこの連携ゼミの特色だ。そのスタートとなるリサーチが、2年生を対象に神戸ファッション美術館で行われた。

大村教授担当科目 ファッションのリアルビジネスを知る!「ファッションビジネス実践」

 大村教授が担当する後期科目「ファッションビジネス実践」では、ファッションビジネスの第一線で活躍するトップ経営者および実務執行者6名から現場のリアルな内容を直接聞くことができる実学的な特色のある科目です。
 流通学部の1年次〜4年次まで履修可能で、将来的にファッション業界に携わっていきたい学生が多数受講しています。

平山・大村研究室 INGNIでファッションビジネスと物流の関係を考察

「ファッションビジネスの裏側を学ぼう」を合い言葉に、ファッションビジネスに挑んでいるのが、流通学部 平山弘(ひらやまひろし)研究室と大村邦年(おおむらくにとし)研究室の合同ゼミだ。
 今回はアパレルメーカーの物流センターで、SPA(製造小売業)という業態の強みをインサイト・フィールド・リサーチする。

実学シリーズ2013 平山・大村研究室 天王寺MIOでファッションビルの戦略を学ぶ

 ブランドをショッピングセンターというスタイルで売り出す商業ディベロッパーの仕事について理解を深めるため、天王寺MIOへのインサイト・フィールド・リサーチを実施した流通学部 平山弘(ひらやまひろし)研究室と大村邦年(おおむらくにとし)研究室の合同ゼミ。実学を重視する阪南大学の代表的取り組み『キャリアゼミ』に、ファッションビジネスの分野から挑む同ゼミの姿を追った。
 今回の学びの舞台となる天王寺MIOは、天王寺・あべのエリアに立地する創業1995年のショッピングセンター。あべのハルカス、キューズモールなど新たな商業施設の開業で大阪有数の商業激戦区となったこのエリアで、どのように競合との差別化を図っているのか―――。

実学シリーズ2013 平山・大村研究室 国産ジーンズの聖地でデニム文化の歴史と現在に迫る

 キャリアゼミとしてファッションビジネスに挑んでいる、流通学部 平山弘(ひらやまひろし)研究室と大村邦年(おおむらくにとし)研究室の合同ゼミ。新学部長・副学部長のコンビによるこのゼミは、流通学部を代表する人気ゼミだ。前回のSPA(製造小売業)へのインサイト・フィールド・リサーチに引き続き、今回は国産ジーンズの聖地・岡山県倉敷市児島をリサーチした。
 2013年6月21日(金)、流通学部の平山研究室と大村研究室の合同ゼミが、岡山県倉敷市児島でインサイト・フィールド・リサーチを実施した。江戸時代の綿作りをルーツに持つ児島地域は、江戸から明治にかけては真田ひも、明治から昭和初期にかけては足袋、戦後は学生服の街として知られる街だった。しかし…

シリーズ「実学ってなんだろう」流通学部 大村研究室 平山研究室
〜神戸のINGNIでSPAという業態に迫る〜

 キャリアゼミとして、ファッションビジネスに挑んでいるのが、流通学部 平山弘(ひらやまひろし)研究室と大村邦年(おおむらくにとし)研究室の合同ゼミ。前回のデベロッパーへのインサイト・フィールド・リサーチに引き続き、今回はSPA(製造小売業)の業態をリサーチした。
 2012年12月13日(木)、流通学部の平山研究室と大村研究室の合同ゼミが、株式会社INGNIのインサイト・フィールド・リサーチを実施した。2012年に創業30周年を迎えたINGNIは、製造卸売業として創業し、その後SPA(製造小売業)先駆けとして全国に「INGNI」ブランドのショップを展開、ヤング層に支持されている…

シリーズ「実学ってなんだろう」流通学部 大村邦年研究室 平山弘研究室
〜理論と実践の最強タッグ。〜

 2012年7月14日(土)、ファッションビル心斎橋OPAでインサイト・フィールド・リサーチが実施された。
「ファッションビジネスの裏側も学ぼう!」シリーズとして、これまでもアパレルブランドやメーカーを訪れてきたが、今回はこれらブランドと取引をする商業デベロッパーの業務と役割を学ぶのが目的だ。
ブランドマーケティング研究の第一人者として名高い「理論の平山」。数多くのファッションデベロップメント事業に関わってきた「実践の大村」。
 この二人がタッグを組んだ合同ゼミは、本学屈指の人気と厳しさを誇る。デベロッパーはテナントのブランドをいかに支援するのか。ビルとしての個性やサービスの質はどのように創出されるのか。ゼミ生たちの目に映るプロの仕事とは……