流通学部 流通学科

西岡 俊哲
(ニシオカ トシサト)

[職名] 教授
[出身地] 大阪市の“うえろく”
[出身校]
関西大学大学院商学研究科博士後期課程
[担当科目]
流通政策、消費者政策
[研究テーマ]
・消費者政策および消費者法、消費者問題の国際比較
・流通経済論的視角からみた日本の経済的転換過程
[主要業績]

  • 「大店法廃止と流通政策」『商学論集』第43巻第2号,1998年6月
  • 「わが国における小売業の長期的変化に関する一討論」『商学論集』第47巻第203号,2002年8月

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

ReaD & Researchmap

関連リンク

メッセージ

かつては何にでも手を出していたが、最近は時間がなくて趣味とよべるものがなくなってしまった。コンピュータも趣味だったが、仕事で使うようになってからは“苦痛”の代名詞と化している。今でも続けているものといえば、スキー(年に1週間程度だが、本学教員の中で2番目に上手いはずである)、ギター(今ではあまり流行らないが、Three Finger Pickingをやらせればセミプロクラスのはずである)くらいのものか。大学生活の4年間は他の何ものにも替え難い、貴重な4年間である。貧欲に何にでも興味を示し、いろんなことを体験してほしい(勉強はその中の一つでいい)。それが出来るのは今しかないのだから、自分からその機会を放棄するほど馬鹿げたことはないのである。
座右の銘は「他力本願」モットーは「棚からボタモチ」

e-mail