「徳島ヴォルティスのリーダーになれるような選手に」 窪田良 選手

「徳島ヴォルティスのリーダーになれるような選手に」 窪田良 選手

「徳島ヴォルティスのリーダーになれるような選手に」 窪田良 選手

ユニバーシアード日本代表のレフティボランチ、Jリーグ3チームのオファーの中から、徳島ヴォルティスへ

――阪南大学サッカー部史上最多となる同一学年度6人のJリーガー(窪田良選手/徳島ヴォルティス、工藤光輝選手/コンサドーレ札幌、可児壮隆選手/川崎フロンターレ、泉澤仁選手/大宮アルディージャ、二見宏志選手/ベガルタ仙台、原田直樹選手/ツェーゲン金沢)を輩出し、「タレント軍団」と評された2013年度の阪南大学サッカー部。
 その「タレント軍団」を、攻守の要のボランチとして、またキャプテンとしても率いた窪田良選手も、すでに新天地となる徳島ヴォルティスの一員として今季のJリーグ開幕に向かっている。
東京ヴェルディユース出身の窪田選手は、高校卒業時には、トップへの昇格は叶わなかったが、阪南大学での4年間を経て成長を遂げ、出身チームである東京ヴェルディなど、Jリーグ計3チームからオファーを受けるまでの選手となり、オファーの中から、徳島ヴォルティス加入を決めた。

 徳島ヴォルティスを選んだ決め手は、「自分がどのチームでプレーすることで、一番成長出来るかな」ということでした。
 僕は、東京ヴェルディのアカデミー出身で、ヴェルディには小学校4年の時から高校3年までお世話になっていて、今の僕があるのもヴェルディのアカデミーでサッカーだけでなく、人間的にも成長させてもらったおかげだと思って感謝しています。ヴェルディ愛も凄くあるので、そのヴェルディを含めたほかのチームからもオファーを頂いて、悩んだ部分もあったのですが、徳島は練習に参加した時にも、小林(伸二)監督が練習後に僕に個別でシュート練習をしてくれたりして、凄く僕を必要としてくれていると感じました。
それに「これから成長していっているチーム」という面でもヴォルティスに凄く魅力を感じて、「このチームで、みんなと一緒になって成長していきたいな」というふうに思えたので、徳島ヴォルティスに入団することに決めました。
 プロになるのは幼い頃からの夢でしたし、高校を卒業する時ももちろん、ヴェルディのトップに昇格したかったんですけど、当時は自分の実力的に、「このままじゃ上がれない」というのはわかっていたし、その時は「悔しい」というよりは「大学でしっかり頑張って、ヴェルディに必要とされるような選手になって、もう一回、ヴェルディに戻ってくる」という気持ちでした。

 そうして、阪南大学を選んで4年間頑張ってきた結果、ヴェルディを含む3チームから正式にオファーをいただけたというのは、凄く嬉しかったですし、少しは大学で成長出来たかなという実感につながりましたね。
 もちろん、こうしてプロになれたのも、たくさんの方にお世話になったおかげだと思っています。特に両親にはいつも助けられましたし、阪南大学の指導者や関係者の方々にも支えられました。あと、阪南大学の仲間達にも感謝したいと思います。

 こうして、「プロのサッカー選手になる」という夢を叶えられたんですけど、サッカー選手になるということは、試合に出なきゃ意味がないし、大卒なので即戦力として1年目からどんどん試合に絡んでいけるように、今まで以上に努力して一日一日を過ごしていきたいと思います!

阪南大学では素晴らしい指導者や仲間にも恵まれた。面白い授業も多く、本当に阪南大学を選んで良かった。

――東京都出身の窪田選手は、大学進学に当たっては、関東の大学からも声をかけられていたが、阪南大学の練習に参加した時に、「サッカーのレベルが凄く高い」と感じたことや、東京の窪田選手の自宅まで出向いて誘ってくれた須佐徹太郎監督の熱意などが決め手となり、阪南大学進学を決めた。
 大学入学後は1年時から試合出場を果たし、大学3年時の総理大臣杯全日本サッカートーナメント優勝、関西学生リーグ優勝など、数々のタイトル獲得に大いに貢献し、最終学年にはキャプテンとしてもチームをけん引した。
 残念ながら最終学年では、総理大臣杯の出場権を逃し、関西学生リーグも準優勝。「最後はタイトルを獲って卒業したい」と臨んだ全日本大学サッカー選手権(インカレ)ではニ回戦敗退と無冠に終ったが、叶わなかったインカレ初優勝は後輩たちに託し、自身はJの舞台で活躍することで、その悔しさを払拭してくれることだろう。

 大学で一番成長したところは、高校時代よりもいろいろ自分で考えて行動することが増えたということですね。自分自身で身体のケアだったり、食事面であったりもいろいろ考えるようになりました。
 阪南大学にはスポーツマネージメントコースというのがあって、そこで栄養学の授業があるんですけど、それが凄くいい授業で、栄養や食事面のこともいろいろ考えるようになりました。そんなふうに練習時間以外でもサッカーに対してしっかりと向き合って取り組んできたところが、自分の成長につながってるかなと思います。
 それに阪南大学では、授業でJFA(日本サッカー協会)公認のC級指導者ライセンスの資格も取れるんですよ。僕も将来は指導者とかも興味があるので、C級ライセンスを取ったのですが、その授業で単位ももらえて、しかもC級ライセンスも在学中に取得できるというのは、すごくありがたいことだし助かりましたね。そういう資格も取れたし、面白い授業もたくさんあったし、そういう面でも阪南大学を選んでよかったなと思ってます。

 阪南大学に来てよかったところは、ほかにもたくさんあるのですが、いい仲間に恵まれたこともそうですね。練習中も本当にみんな凄く本気で、ファウルとかもしてくるし、たまにケンカになるくらいやり合ってるんですよ(笑)。ほかの大学の選手から話を聞いても、あんまりそこまで激しいっていうのは聞かないし、そうやって練習から実戦さながらの中でやってこれたことも阪南に来てよかったなっていうふうに思いました。
 同期からも本当にいい刺激を受けました。僕は1年の後期リーグから試合に出させてもらったんですけど、(泉澤)仁とか二見(宏志)とか、1年の前期リーグからバリバリ試合に出ている選手もいて、「同期の選手たちに負けたくないな」と思って頑張れたというのもありますね。
 結果的に僕らは同期が6人もJリーグに行くことになって、「タレント軍団」と言われたりもしましたけど、もともとみんな高校からはプロには行けなかったから、大学に来てるわけです。でも、そこでみんなプロになることを諦めずにコツコツ努力してきたからこそ、こうやってプロに行く選手が6人も出たんだと思います。本当にみんな努力家だし、刺激し合えるいい仲間に出会えて本当によかったです。

 須佐徹太郎監督はじめ、スタッフの方に出会えたことも阪南大学に来てよかったと思うことですね。
 監督も本当にサッカーが好きで、要求も凄く細かいんです。試合後も本当に細かい一つひとつのプレーに対してアドバイスしてくれて、自分がいいプレーだったと納得していても、監督は「もっとこうしたほうがいいだろう」って、その上のプレーを要求してくれるので、つねに向上心を持ってやれましたね。
 監督は僕ら以上に負けず嫌いというか(笑)、話していても本当にサッカーに対して凄く熱い情熱を持っているのを感じます。こういう監督って今まで出会ったことはなかったし、これからもいないと思うし、本当に監督に出会えてよかったなと思います。

 だからこそ、最後、本当にインカレで優勝して監督を胴上げしたかったんですけど、それができなくて悔しいですね。
 インカレで優勝できなかった悔しさを挽回するというか、監督はじめ阪南大学でお世話になった方々に恩返しするのも、やっぱりこれからプロで結果を残して、「窪田、頑張ってるな」っていう様子がみなさんに届くようにするのが一番の恩返しだと思うし、これからも頑張ります!

 4年時にはキャプテンをやらせてもらいました。キャプテンとしてはみんなが成長できるようにとは考えながらやってたんですけど、4回生はみんな結構、試合に出ている選手が多くて自覚もあるし、プレーで示してくれたり、後輩にも言う時はしっかり言ってくれていたので、ほかの4回生に助けられていたし、副キャプテンの可児(壮隆)とかも凄く助けてくれたので、そんなにまとめようとして苦労したこととかはなかったですね。
 個人的には僕は結構人見知りだったんですけど、キャプテンをやらせてもらえて、人前でしゃべる機会も増えたし、そういう人見知りなところがましになったと思うので、そういうところも大学に来てよかったことの一つかなと思います。
 大学で一番印象に残っていることは、やっぱり3年の時の総理大臣杯優勝ですね。専修大学との決勝も印象に残っていますが、準決勝の早稲田大学戦も印象に残っています。
 早稲田大学戦は、工藤(光輝・コンサドーレ札幌)の得点で先制したあと自分の横パスを相手に奪われてそのまま失点してしまって、1−1の同点に追いつかれてしまって、そのまま延長になってしまったんです。だけど、そこからみんなが僕のミスの分まで頑張ってくれて、その時のキャプテンの竜くん(飯尾竜太朗選手・2012年度卒・松本山雅)とかが必死で守ってくれたり、最後、(奥野)将平くん(2012年度卒・FKスロボダ・ウジツェ/セルビア1部)が延長戦で、ゴールを奪ってくれて勝つことが出来たんです。その時に本当に仲間に支えられているなというのは実感できたし、仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいになって、勝ったのに泣いちゃうくらい嬉しかったというか、感極まった試合でしたね。
 決勝で勝って優勝したときも多分泣きました(笑)。僕はヴェルディユース時代も自分の代では全国優勝したことがなくて、総理大臣杯優勝が初めての全国優勝だったので凄く嬉しかったですね!

 僕らはインカレでは優勝出来なかったので、後輩たちには、インカレで優勝してほしいですね。後輩たちも上手い選手が多いんですが、去年まではまだ試合中に先輩とかに気を遣ったりする選手が多かったので、これからはもっと自分を出していって、もっと自分を表現してほしい。もちろん後輩たちもみんな技術的には上手いし、日本一になれる選手が揃ってると思うので、ぜひインカレで優勝してほしいですね!

ユニバーシアード日本代表を経験し、以前よりもっと努力するようになった

――大学3年時には「絶対に選ばれたいと思っていた」と言う全日本大学選抜にも初めて選出され、4年時にはユニバーシアード日本代表にも選ばれた。2013年ユニバーシアードでは、6試合中3試合に出場し、日本の銅メダル獲得にも大いに貢献した。
大学選抜入りを熱望するなど、もともと向上心の高い選手だったが、大学選抜やユニバーシアード代表に選ばれ、レベルの高い仲間とプレーしたり、海外の選手と伍して戦うなかで、気づいたことや得た経験も多く、代表に選ばれる以前より、さらに向上心を持つようになったそうだ。

 全日本大学選抜に初めて選ばれた時は、代表に選ばれたのも人生で初めてだったので、最初は緊張したりして、大人しくプレーしちゃってたりしていたんですけど、「そういう代表に選ばれる機会なんか滅多にないのに、積極的にやらなきゃ意味ないな」と思って、そこからは積極的にやれるようになりました。「このままじゃ意味がない」ということに気づけて、そこから積極的に出来たことが代表に選ばれて、一番得たものじゃないかなと思ってます。

 ユニバーシアードでは6試合中3試合の出場でした。開幕戦は使ってもらえなくて、2試合目のウクライナ戦でチャンスをもらえたのですが、その試合に4−1で勝てたし、チームを勝たせるためのいいプレーができたのではないかなと思ってます。そこからは結構試合に使ってもらえたんですけど、準決勝で負けたフランス戦では1分も試合に出られませんでした。3位決定戦のロシア戦にはスタメン出場して、試合も3−0で勝ったんですけど、結局は完全にスタメン定着というふうにはならなかったので、悔しさは凄くありましたね。
 阪南では2年の時からスタメンで出ていたので、試合に出られない悔しさを味わえたのもいい経験でした。
 ユニバーシアードで印象に残っているのは、予選リーグ3戦目のウルグアイ戦ですね。その試合は日本は予選リーグ突破がすでに決まっていたので、キャプテンの長澤(和輝)選手(専修大学・現FCケルン)とかは試合に出なかったり、普段試合に出ていない選手が多く出たんですけど、そこで僕がスタメンでキャプテンマークも任せてもらえたんです。ユニバー代表でキャプテンできるなんて、滅多にない経験なので、キャプテンを経験できたのはよかったですね。
 その試合はウルグアイは予選突破がかかっていたので、死に物狂いで向かってきました。ラフプレーとかも当たり前で、試合中につばをかけられたりとか、足をひっかけられたりとかいろいろあったんですけど、そういう中で、1−0で勝てたので印象に残ってますね。
 あと、その試合は仁と二見と僕と、阪南の3人の選手がスタメンで出たので嬉しかったですし、プレーしていて楽しくて印象に残ってます。

 ユニバーシアードで対戦した外国の選手には、身体能力とかでは絶対勝てないような大きい選手もいたんですけど、やっぱり足元の技術とかパス回しとかは日本の方が上だし、個人的にも通用する部分もありました。

 だけど、代表では周りの選手が本当に上手くて、僕はまだまだ下手なほうだったし、外国の選手には通用したかもしれないですけど、日本人のレベルの高い選手には通用しない部分もあるかもしれないと感じました。自分はもともと凄く上手い選手というわけじゃなくて、リーダーシップをとれるという面で代表に選んでもらってるのもあったんですけど、もっともっと技術も高めていかないといけないと思いましたし、代表に選ばれる前よりもっと努力するようになりましたね。代表に行ったことで、そういう阪南にいるだけでは感じられないような向上心を持てたのは凄くよかったです。

チームのために戦っているところや、 みんなが苦しい時に走ってる姿を見てほしい

――左足から繰り出す、精度の高いロングキックや展開力のあるパス、シュート能力の高さが窪田選手のストロングポイントだ。大学時代にはヴィッセル神戸との練習試合で、見事なブレ球のFKを決めたこともあり、FKにも注目してほしい。加えて、「最大のストロングポイントはゲームを読んで有効なコーチングができるところ」(須佐監督)、「とにかくリーダーシップがとれる選手」(徳島ヴォルティス・中田仁司強化部長)と評されるように、優れた状況判断を活かした類まれなるコーチング能力や、チームをコントロールするリーダーシップがとれるところも窪田選手の大きな魅力だ。

 自分のプレーの持ち味としては、左足のキックは自信を持ってますし、(相手DFの)裏に出すロングボールだったり、サイドへの展開のキックは持ち味だと思います。
 ブレ球はユースの時から練習してるんですけど、ブレ球のFKは多分、大学4年間で、神戸との練習試合の1回くらいしか決めてないので(苦笑)、プロでもブレ球でももっとゴールを決められるように頑張りたいですね。
 あとは、いろんなところに顔を出して、どんどんボールに触っていくところだとか、セカンドボールを拾うところも注目して見てほしいですし、チームのために戦っているところだったり、みんなが苦しい時に走ってる姿を見てもらえたら嬉しいです。それにリーダーシップをとって声を出していくのが、やっぱり自分の持ち味だと思うし、そこをどんどん磨いて徳島ヴォルティスのリーダーになれるような選手になって頑張りたいと思います!
 コーチングは、ヴェルディユースの時とか、周りに上手い選手が多くて、自分がその中で何をしたいか考えた時に、声を出してチームをまとめたり、引っ張って行くような役割が必要かなと思って、昔からバンバン声は出していたのですが、ずっとやり続けていたら、「指示が的確」とか、「気が効くね」と言ってもらえるようになりました。自分自身、チームメートから「気が効くね」って言わるのは嬉しいし、そういう選手になりたいので、もっと、チームメートから「気が効くね」って言われたり、「大事な場面でそこにいてくれた」と思われる選手になれるように、そういう部分をもっと身につけていきたいです。
 憧れの選手は、引退してしまったんですけど、元イタリア代表のガットゥーゾ選手。凄く強い魂を持っていて、90分間走り続ける姿勢はほんと凄いと思うし、見ていて勇気をもらえるプレーヤーなので、自分もそういう選手になれたらいいなと思います。
 あとプレースタイルとかは違うんですけど、僕は左利きで、小っちゃい頃から同じ左利きの中村俊輔選手(横浜F・マリノス)のキックの精度とかテクニックとかに凄く憧れていたし、ずっと活躍されていて尊敬してる選手なので、対戦するチャンスがあれば凄く楽しみですね!
 ネイマール選手とかメッシ選手(ともにFCバルセロナ)とかも自分とはタイプは違うんですけど、憧れるというか、いいなと思います。

まずは開幕スタメンが目標。 将来的には海外で活躍したい

――窪田選手が徳島ヴォルティス加入を決めた当時は、J2に所属していた徳島が、昨シーズンJ2リーグ4位からプレーオフを得て、見事J1昇格を果たしたため、窪田選手はプロ選手としての第一歩を、日本最高峰のリーグで踏み出すこととなった。
幼い頃から夢見ていた「プロサッカー選手になる」という思いをまずは叶えた今、「ここからが勝負」というその先の夢に向かって、窪田良の挑戦が始まる。
 徳島のJ1昇格が決まった瞬間は、「徳島凄いな!」って思って凄く嬉しかったです。プレーオフ4位からの昇格だったので、周りの人には、会う人、会う人から、「持ってるな」って言われたんですけど(笑)、僕が「持ってる」というより、去年の徳島の選手の方々が努力してくれたおかげで、僕はたまたまそこに入れることになったので、本当に徳島の方々に感謝しています。
 去年昇格を決めてくれたおかげで、自分自身もJ1で戦えるチャンスを頂けたのですが、もちろん個人的にもJ1で戦う自信は持ってないといけないと思ってるし、自分は大卒で入るので即戦力としてチームの力になれるように、チームに貢献して少しでもいい順位でシーズンが終れるように頑張っていきたいですね!

 Jリーグでは、やっぱり阪南大のチームメートと対戦するのも楽しみです。仁とかと対戦して、もし抜かれたら凄く悔しいんで、ガツガツやりたいですね(笑)!

 今季は、まずは開幕スタメンを目指します!徳島が僕を必要としてくれたことに感謝していますし、少しでも多く試合に絡んで、チームの力になって徳島に恩返ししたいですし、サポーターの方の期待にも応えられるようにして、サポーターの方に愛される選手になりたいです!
 将来的には徳島でJリーグ優勝するのが目標ですし、個人的には海外に行って活躍したいというのもありますね。海外に行けば自分より上手い選手はいくらでもいるし、そういう中でやれたら楽しいだろうし、もっともっと成長出来ると思います。そういう環境の中でやりたいっていうのはユニバーシアードを経験して、凄く思ったことでしたね。
 今は本田圭佑選手も、ACミランでプレーされてますけど、もともと、僕もACミランが好きなので、そこに日本人選手が入ってるっていうのは凄いことですよね。カッコイイし、羨ましいとも思うし、自分も「ああいうふうになれたらな」って思います。

 日本代表もサッカーをやっている以上は目指してやっていきたいです。
幼い頃から夢見ていたプロ選手になるという思いは叶えられたので、その先の目標に向かっては、ここからが勝負だと思います!

阪南大学アスリートインタビュー

他の選手へのインタビューもご覧ください。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス