grandParent.titleImg.alt

宅地建物取引士講座

宅地建物取引士講座とは?

作業員イメージ

 宅地建物取引主任者は、「宅地建物取引業者(宅建業者)1つの事務所ごとの従業員5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引主任者を設置しなければならない」という法律のもと、その業務を遂行しており、不動産業界における必須資格です。

 金融機関では不動産を担保にお金を貸したり、一般企業(鉄道会社・商社・百貨店など)においても不動産事業を行っていることも多く、様々な業界で知識を活かすことのできる資格です。宅地建物取引主任者資格試験では、民法などを学習しますので、他の法律系資格(マンション管理士・管理業務主任者、不動産鑑定士、行政書士など)の登竜門としても有効な資格です。

資格取得のメリット

●不動産業界・金融業界への就職に有利。
●独立・起業に有利。

本学の講座の特長

受講料金が割安です

大学からの補助により、専門学校等での受講に比べると、廉価になっています。

学内で受講できます

講座はキャンパス内で開講されます。学外へ移動する必要がないので大変便利です。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス

資格取得プログラム