grandParent.titleImg.alt

FP技能検定講座(3級)

FP技能検定講座(3級)とは?

ファイナンシャルプランニング技能士イメージ

 ファイナンシャルプランニング技能士とは、個人的な資産運用・金融に関する総合的なアドバイスをする専門家です。顧客から、収入・借り入れ・家族構成・資産などの 情報の提供を受け、ライフプランに即した資金計画を行い、略してFPと呼ばれます。

 FP技能士は、職業能力開発促進法に基づいた国家資格です。1級、2級、3級FP技能士の3つの資格があり、それぞれに検定試験があります。

FP資格取得の学習は、金融商品や不動産、年金、税金、保険、相続関連まで経済・金融・マネーに関する幅広い知識を学んでいきます。FP資格・知識は銀行や証券会社、保険会社、住宅販売会社等の営業や販売、コンサルティング業務に活かすことが出来ます。また、一般企業の総務・管理部門等で従業員の福利厚生のために知識を活かすケースも増えています。特に金融業界への就職を目指す人にとって『この仕事に就きたかったから、この会社に入りたかったから、FP資格を取得しました!』とアピールできる大きなメリットがあります。

 一般的に金融・経済の基礎知識を身に付けたり、自分の貯蓄や保険を見直したりする場合は3級レベルの知識でも役立ちます。しかし、FP資格を就職・仕事で活かす為には最低2級(AFP)が必要です。就職の際に企業の人事担当が評価するのも2級以上の資格ですので、3級取得後には学外推薦講座を利用して2級へステップアップすることをお勧めします。

資格取得のメリット

●銀行や証券会社、保険会社、住宅販売会社等の営業や販売、コンサルティング業務に活かすことができます。
●一般企業の総務・管理部門等で従業員の福利厚生のために知識を活かすケースも増えています。
●特に金融業界への就職を目指す人にとって「この仕事に就きたかったから、この会社に入りたかったから、FP資格を取得しました」とアピールできる大きなメリットがあります。

本学の講座の特長

受講料金が割安です

大学からの補助により、専門学校等での受講に比べると、廉価になっています。

学内で受講できます

講座はキャンパス内で開講されます。学外へ移動する必要がないので大変便利です。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス

資格取得プログラム