grandParent.titleImg.alt

日商簿記講座(2級・3級)

日商簿記講座(2級・3級)とは?

電卓イメージ

 簿記とは、会社や商店の活動を帳簿に記録し、報告書を作成するためのルールです。会社や商店では、日々の活動から生じる様々な事柄を帳簿に記録しなければならないので、簿記は企業の活動を支える重要な役割を果たしています。簿記は、様々な業界・業種で必要となるビジネスの基礎知識です。入社後はもちろん、内定の時期に簿記資格の取得を必須としている企業も数多く、社会人として必須の知識であると言えます。

 特に2級以上を取得していると、履歴書におけるアピール手段として非常に有効となりますので、2級合格を目標に学習することをお勧めします。また、簿記は会計知識のベースとなりますので、公認会計士や税理士など会計知識を必要とする上位資格へのステップアップに繋がります。

資格取得のメリット

●入社後はもちろん、内定の時期に簿記資格を必須とする企業が増えています。
●履歴書におけるアピール手段として非常に有効です。
●税理士、公認会計士、中小企業診断士など、会計知識が必要な資格の登竜門となるため、将来幅広く活躍する基礎知識となります。

本学の講座の特長

受講料金が割安です

大学からの補助により、専門学校等での受講に比べると、廉価になっています。

学内で受講できます

講座はキャンパス内で開講されます。学外へ移動する必要がないので大変便利です。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス

資格取得プログラム